スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アンタレスS 結果と言い訳的回顧 

アンタレスS GⅢ 京都ダ1800m

1着 ◎フィフティーワナー
2着 …ヒシアトラス
3着 …サカラート

4着 △フィールドリュージュ
5着 ☆ビッグドン
6着 ▲プライドキム

9着 ○オーガストバイオ

11着 △クワイエットデイ

アンタレス06結果


上記は今年のアンタレスSの結果です。これを見ながら今年の反省を加え来年への課題をさぐりたいと思います。

【ローテの課題】

◆先ず前走GⅠステップを人気被ってるとバッサリ切ったら3着に走られてしまいました。確かに近走のリズムも重要ですが、ピットファイターとサカラートに共通するのは2前が1800mだった点で、1800→1600→1800のバウンドになっていた点です。他は1600mか2100mでした。この理想的なバウンド延長馬が過去どの程度いたかcheckする必要がありそうです。ちなみにサカラートは過去にも1600m→1800mの延長好走歴がありました。

◆次に前走GⅢ戦。ヒシアトラスが2着しました。ただ1人気2着なので相性は悪いと思います。マーチS好走馬はここ5年で8頭出走していましたが、当日1人気はこの馬だけでした。中途半端な人気なら狙うのは危険かもしれませんが、1人気なら無難に抑えた方が良いのかもしれません。凡走ステップは矢張り先行出来なければ厳しそう。

◆OPステップはビッグドンが13人気で5着したのを狙えたので狙い方はこれで良いようです。後は相対的に上位層が崩れるか否か。

◆準OPも狙いは良かったけど先生が後ろから乗ってしまったために4着。もっと積極的に動けば…。

◆休み明け。本命にしたフィフティーワナーが逃げて1着。先行有利の馬場だし鮮度的にも絶好だった。比較的人気通りに走るという過去レース質は相変わらず。

【型の課題】

GⅠカテは通時的に極限型以外でA取った場合は全て絡んでいるので立派。今年3着に走ったことで占有低くても人気Aなら今後もはずせなくなってしまった。GⅢは占有的に毎年高く、唯一絡めなかったのは指数9点台に上った05年のみ。ただ今年は穴ではなく人気馬が堅実に走ったが。OPが走るためにはB以上で3頭以上欲しい。休み明けは人気型低いが2頭出しなので人気無難な方を選べば良いという比較的狙いやすいレースだった。

【来年への課題】
  • GⅠ好走ステップのバウンド延長馬の成績をcheck
    スポンサーサイト
    [ 2006/04/23 21:15 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/99-5f8dfc52






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。