スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アンタレスS ローテ分析 

アンタレスS GⅢ 京都ダ1800m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

アンタレスローテ


◆GⅠステップ◆
先ず前走GⅠ組。着外1サンプルのみ高松宮記念で、他は全てフェブラリーS。好走ステップは【1-1-0-1】で当日人気は1、4、1人気で安定するも期待値は何とも言えず。2着以内2サンプルは共に変則開催だった中山1800mの年で、もしかしたら通常の東京マイルのフェブラリーとは相性が悪いかもしれず、人気より好走しすぎると当日動けなくなる。一方凡走は【1-0-0-3】で巻き返した1頭は当日5人気のピットファイターでバウンド延長。着外3頭のうち2頭は1、5人気と人気になるが期待値は高くない。リズム重要なので例え徐々にリズム上がっていても近3走内に掲示板すらないような馬が人気背負ってはダメ。

◆GⅡステップ◆

サンプル少なし。

◆GⅢステップ◆

大挙するが1サンプル以外全てマーチS。好走ステップは人気平均4.1だが【0-0-0-8】と最悪。とにかく相性が悪いので手ごろな人気でも信頼は危険。凡走は【1-1-3-18】で当日人気は4、9、13、7、12と人気薄も狙える。この5頭に共通する質は、近3走内に1着経験があり、また鮮度的に古馬ダート重賞1~2戦消化、そして先行位置取りショックの期待である。1サンプルはリズム崩しきって、かつ鮮度的にも重賞常連だったが、前走逃げられなかった逃げ馬での激走。このような条件がそろったら狙ってみたい。

◆OPステップ◆

3着内3頭の当日人気は、1、2、12。ただ当日1~2人気に支持された馬に限っても【1-1-0-3】と期待値的にいまいち。連対2頭は何れもコーラルS組。コーラルで勝っている場合は、勢いが欲しいので近走のリズムが安定していて欲しく、負けている場合は徐々にリズムあげていることが欲しい。サイレンスボーイは04年度は2連勝後に好走したが、翌05年度は前走こそ勝ったものの、そこだけ1着で鮮度的にダミー。タイパラは03年度は仁川S2着後で5着。仁川は同距離なだけに強調材料に乏しい。そして翌04年度は徐々にリズムあげて1着。残り1頭はスターリングローズでこれはローテというより個体的に交互質が強いだけということ。12人気の1頭はここ2戦0.6差の6着といまいちパッとしなかったために人気急落した、古馬ダート重賞初(かつバウンド延長)というステップだった。

◆準OPステップ◆

好走馬しか対応できず【0-1-1-4】3着内2頭の当日人気は10、9人気とこちらも穴をあける。2頭共通なのは前走阪神ダート1800m1着ということ。この条件で縛ると【0-1-1-1】とまずまず。

◆休み明け◆

最後に休み明け。比較的人気に忠実で3着内2頭は4、3人気。休み明けでそこそこ実績のある馬はマークしておくのが無難か。

以上。疲れた…
スポンサーサイト
[ 2006/04/21 21:33 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/92-acb288b6






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。