スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フローラS ローテ分析 

フローラS GⅡ 東京芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

フローラローテ


◆前走GⅠステップ◆
全て桜花賞凡走ステップから。4~9人気の出走で何とも言えない。3着の1頭は唯一着順が1桁。4着以下に敗れた4頭は全て前走二桁。負けすぎると巻き返しが厳しくなるので、穴人気でも買えない。

◆前走GⅡステップ◆
2サンプルしかないがパーフェクトだが、当日2人気、3人気なので期待的にはつまらない。1400mからの延長になるので軽い馬は避けたい。絡んだ2頭は共に格上げに強いサンデーの子。また2頭とも追い込み脚質であった。

◆前走GⅢステップ◆
勝ちを出しているのは2サンプルともフラワーC好走ステップ。フラワーC好走に限ると【2-0-0-5】で勝つか負けるか。勝った2頭は当日5番人気で人気的にも手ごろ。2頭に共通するのは前走4角3番手以内で、かつ前走5人気以内で勝っていないということ。中山は勝つと馬が硬くなるのは基本。2、3着の方がベター。この条件で縛ると【2-0-0-1】となる。3着のもう1サンプルは昨年3着のアスピリンスノーで当日11人気。強調すべき点は先行位置取りで、年明けデビューだった点。消耗していない馬の方が良い(フラワーC経由の1着2頭も12月デビュー以降の馬)。

◆前走OPステップ◆
連対2頭は凡走ステップで当日3人気。OP凡走で当日GⅡで3人気ということは相当の実力馬であり期待値は低い。事実2頭は前走2人気以内支持で掲示板。また長めの距離の経験もあった。実力馬が軽く疲労抜いて走るというパターン。

◆前走ミモザ賞ステップ◆
続いて大挙する500万ステップ。先ずミモザ賞から。好走ステップは【0-2-1-4】で、3着内3頭は全て1人気なので期待値的にはいまいち。4着以下の当日人気は7、2、7、6なので単純に1人気しか通用せずと見ることも可能。2人気で負けた1頭は前走突如逃げての大駆けで当日は見せ場無く中団から終わった。一方凡走ステップは【1-1-0-5】で当日は9、3人気としっかり狙えばこちらの方が期待値は高い。この2頭のみに共通するのは、ここ2戦掲示板確保ということ。他の5頭はそではなかった。均衡気味の馬を狙ってよい。

◆前走通常500万ステップ◆
好走は相性悪く【0-0-0-5】で2人気も敗れているため人気でも穴でも狙いづらい。一方凡走ステップは【1-0-1-10】で当日14、10人気と大穴。ただし大挙するのでしっかり絞りたい。この2頭に共通するのは前走芝1800m以上で人気より好走し1桁着順。この条件で縛ると、ダート馬がバサバサ切れて【1-0-1-1】まで精度上がる。

◆新馬・未勝利・休み明け◆
出番無し

以上
スポンサーサイト
[ 2006/04/21 21:30 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/90-d7bfb761






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。