スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

皐月賞 結果と言い訳的回顧 

皐月賞 GⅠ 3歳牡牝 定量 中山芝2000m

1着 △メイショウサムソン
2着 …ドリームパスポート
3着 …フサイチジャンク

4着 ○アドマイヤムーン
5着 ◎フサイチリシャール

10着 ▲スーパーホーネット

12着 △ステキシンスケクン

16着 ☆ディープエアー

皐月06結果


上は今年の皐月賞の結果です。これを参考に反省を加え、来年の課題を探りたいと思います。

【ローテ面での課題】

◆スプリングS組にやられたので、ここから行きましょう。先ず勝ったメイショウサムソンは好走パターンに合致するエリートタイプの先行馬。6人気で勝ったので、このパターンは人気は関係ないということでしょう。問題は2着のドリームパスポート。個体的にはエリートタイプでしたが、①前走凡走区分に入る、②追い込み馬ということで嫌ってしまいました。10番人気と人気急落だったので、「エリートタイプで当日人気急落の馬」の成績を探ることを来年の課題としたいと思います。データブレイカーでしたね。また◎のFリシャールが敗れたので過去の凡走馬と照らし合わせることもしたいと思います。

◆次に弥生組。Aムーンは逆の意味でデータブレイカーとなってしまいました。矢張り追い込み勝ちは少し疑ってかかった方が期待値的にも良さそうです。4着以下は例え血統的に魅力的でも手を出すのは危険だとうことでしょう。

◆GⅢステップも当日人気に支持される程力の差が無いと逆転出来なさそうです。特にアーリントンで適正見せすぎた馬は危険なようです。

◆若葉Sは今回人気馬2頭が出走しており、Fジャンクの2人気3着が最高でした。型でも触れますが、これだけ型的に良かったのに人気を裏切る形になったので相当好走ステップは相性が悪いと見て良いでしょう。型が抜群に良くて、かつタフなレース経験がある馬で複勝圏内と見るべきです。

【型面での課題】

若葉組がここ6年で最良の型にも関わらず3着1頭が精一杯。逆に弥生はここ6年で最も悪く、Aムーンが歩く可能性を示唆していたとも取れます。スプリングSは型云々よりローテ的に個体的に絞っていった方が良さそうです。Ⅲは占有率が高いかつ人気型も良いという時のみ考慮か。

【来年への課題】

  • エリートタイプのスプリングS組の人気急落馬の成績
  • Fリシャールを過去の好走ステップ凡走馬と比較
    スポンサーサイト
    [ 2006/04/17 22:02 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/87-e0090f8e






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。