スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

皐月賞 ローテ分析 

皐月賞 GⅠ 3歳牡牝 定量 中山芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

皐月賞ローテ


◆弥生賞組みから。1着馬は【2-1-1-1】と抜群の安定感をほこり、特に前走1番人気に支持されて勝った馬は本番も1着になっている。負けた1頭は4人気1着のバランスオブゲームのみで、前走3番人気以内に支持された馬に限れば必ず3着以内には走るという…。3着内4頭全て前走4角3番手以内の競馬。2着馬は【0-0-2-3】で2頭に共通するのはここまで全てのレースで3番人気以内に支持されて3着以内のエリート、かつ脚質は先行。エリートだったが負けたローマンエンパイアはL主導で追い込み脚質なので危険すぎ。3着馬は【0-1-0-4】で2着1頭は8番人気。強調すべき点は疲労が残らない構造+経験そこそこあるということ。4着以下【0-0-0-6】と非常に巻き返しにくくなっている。

◆スプリングS組は好走【2-1-1-5】と比較的優秀なのに対し、凡走は【0-0-0-20】と酷い差。ただし好走ステップ3着内4頭の当日人気は10、1、2、1と期待値的にはつまらない。4頭に共通するのは一部例外があるものの準エリートかつ先行タイプと弥生賞2着馬と変わらない。前走追い込んで当日も3着以内に絡んだのはタニノギムレットのみだが、その場合も1人気3着と期待を裏切った形なので過信は危険。負けすぎた経験を持たない先行馬は基本的に忠実に走る。

◆若葉S組。好走ステップは【0-0-0-8】と良くなく逆に凡走ステップが【1-1-0-4】と時々穴をあける。今年は好走ステップしかいないので割愛。

◆GⅢは以上上記のステップが走れない場合に台頭する程度で、共同通信杯とアーリントンCの好走ステップから3着内がそれぞれ1例ずつ出ている程度で2頭とも当日3番人気以内に支持されているので、期待値は低い。両馬共に大敗記憶がないエリート。

◆500万/OP特別は割愛。
スポンサーサイト
[ 2006/04/09 19:30 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/82-6960c2bd






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。