スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マイラーズC ローテ分析 

マイラーズC GⅢ 4歳以上・別定 阪神芝1600m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

軍資金が無くなっていて暫く競馬を休んでいましたが、
ぼちぼち再開したいと思います。

マイラーズCローテ


◆前走GⅠステップから。全サンプルが高松宮記念から。基本的に延長ステップになるので良くなく、連対はディバインライト1頭のみ。3走前に1600m重賞連対歴があったのはこの馬のみ。短距離志向だと出番は無く、また前走人気よりも大きく着順を上げたタイプや2桁着順が続いてリズム崩しているタイプは人気でも信頼出来ない。ディバインの場合は追い込み→先行の位置取りなどの恩恵もあった。

◆続いて良績のGⅡステップ。4着以下の1サンプルは産経大阪杯でサンプル少ないので分析はかけられず。他は全て中山記念。先ず好走ステップから。好走ステップは【2-0-0-2】と勝つか負けるか(正確には勝つか4着か)。4サンプル共に1~2番人気なので期待値的には微妙。全馬前走人気背負っての好走であり、この点は差異を作らないし、バウンドもさほど関係していないと思われる。連対2頭に共通するのは先行脚質だったこと(前走4角2番手/1番手)で、4着に敗れた2頭は共に追い込み脚質(14番手/12番手)。追い込んで届かないパターンが多い。一方凡走ステップは【1-2-1-2】で、3着以内4頭の当日人気は3、1、4、3とこちらの方が期待値高い。4着以下に敗れた2頭は当日10、11番人気だったことから、当日人気に支持されるような馬ならたいていは走れるということしか言えない。

◆次にGⅢステップ。好走ステップが少ないので何とも言いがたいが、凡走から巻き返した2頭はどちらも異端系であり、1頭はダート→芝ショックのローエングリン、もう1頭は1600m→中京記念→今走というバウンド短縮のメイショウキオウ。よほど特徴的な馬でないと巻き返しは厳しく、特に同距離好走後はハットトリックやチェックメイトが人気背負って敗れているので連続好走後でも過信は禁物。

◆次にOP特別組。好走ステップ【1-0-1-3】から。3着内2頭は1、4番人気とあまり期待値高くない。3着内2頭に共通するのは前走中山マイルを1着。この条件に縛ると【1-0-1-1】で負けたのはアルビレオ1頭。3着内2頭は先行脚質(前走4角1、4番手)で、アルビレオは前走4角8番手。中山記念と同じ構造で、追い込んで中山を差し切ると相当な反動があるものと思われる。また多分関係ないが3着内2頭は共に皐月賞に出走していた。3歳春までは比較的優秀だった馬が好走しやすい?のかも。続いて凡走ステップ【0-0-1-8】とほぼ出番なしだが、3着1頭は当日10番人気だったので穴なら多少警戒。と言ってもアサクサデンエンの場合は特殊で重賞を含めた前4戦全て1~2人気で全て掲示板に載っていたにも関わらず、今走人気急落による反発。リズム崩していない馬の人気急落には要注意。

◆次に準OP組。鮮度と勢いが重要なので、好走ステップに限ると【0-1-0-2】で、2着1頭は生涯初重賞、4着以下2頭はそうではなかった。前走1人気1着馬や、過去好走歴のある馬も負けているので、特に鮮度は重要なファクター。

◆最後に休み明け。いつも書いているが、休み明けは個体的な問題なので、一概には言えないが、人気馬も負けているので(特に実績十分な馬が多頭数になって消える例が多い)、過信は禁物のステップ。
スポンサーサイト
[ 2006/04/09 19:25 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/80-0cd7582e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。