スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中日新聞杯 結果と言い訳みたいな回顧 

中日新聞杯 GⅢ 3歳以上別定 中京芝1800m

1着 …グランリーオ
2着 …ダンスインザモア
3着 …カナハラドラゴン

6着 ◎コンラッド
7着 ▲サンバレンティン
8着 ○ツルマルヨカニセ
9着 △ホッコーパドゥシャ

13着 △ニシノシタン

これだけキレイさっぱりハズスと返って気持ちが良いものです。

ペースとしてはだいたいこのくらいかなと想定していたものの、前が止まらなかったです。体力に不安があるメイショウや高速特殊向きのカナハラが好走していることから、もう少しタフな馬場、差しが決まる馬場だったら着順は変わっていたかなとも思います。

勝ったグランリーオはOPからの巻き返しは無いだろうと思って軽視しましたが、ロベルトってこっちだったのかよ!という見事な先行ねじ伏せ。狙い所がわからず難しい馬です。2着のダンスは良く追い込んだと思います。全く格が違いますが、今期東京で頻出したSの高速上がり勝負で凡走した馬は次走きちんと走っており、その点注意が必要だったかもしれません。富士Sという別路線がタンスインザダークにとってもプラスだったはずです。

◎のコンラッドは後ろ過ぎでした。長め中心で崩れないと思っていたのですが…。1、2着馬共に延長だった為、短縮がさほど効果無かった模様。何かしらの鮮度が欲しいところです。○のツルマルは小牧のせいということで(笑) まぁ接戦続きだったのでポカして疲労抜くのは良いでしょう。今後も混戦で狙いたい。▲のサンバレンティンはスタート直後にもうダメでした。巻き返せる馬だと思うので常に注意必要。やっぱテンション高くないと格上げ馬はダメっすね。反省です。

スポンサーサイト
[ 2005/12/10 15:54 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/8-c3025584






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。