スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中山牝馬S 結果と言い訳的回顧 

中山牝馬S GⅢ 4歳以上牝馬ハンデ 中山芝1800m

1着 △ヤマニンシュクル
2着 ○ディアデラノビア
3着 △ヤマニンアラバスタ

4着 △コスモマーベラス

7着 ▲マイネソーサリス

11着 ◎レクレドール

中山牝馬S06結果


上は今年の中山牝馬Sの結果です。これを参考にして今年の反省を加え、来年への課題をさぐってみましょう。

【ローテ面での課題】

◆基本的に印つけた馬が上位を占めたわけだが、◎のレクレドールが11着大敗だったのでGⅢステップから振り返ることにします。そもそも京都牝馬組で純粋にローテクリアしたのがディアデラしか居なく、予想を振り返るとローテの部分でレクレには何も触れていません。多分人気無い方から…という欲が出たものと思われます。今回見てみるとシュクルもディアデラも追い込み脚質であり、中途半端なレクレをどっちに取るべきかの基準が曖昧でした。もう少しサンプルを増やして、京都牝馬凡走ステップで非追い込み脚質を調べてみた方が良さそうです。それから過去に京都牝馬S凡走で当日人気支持の馬がどのような競馬しているかもcheckしたいところです。

◆次に休み明けですが、これはセオリー通りサンデーが敗退し非サンデーのヤマニンアラバスタが上位入り。危険な馬の血をサンデーからヘイロー系へと広げても良いかもしれません。ライラプスが上位したのもフレッシュに成功したFDということでしょう。

◆それから地方ダートが今年3頭出ており全馬人気を上回った着順だったので今後注意したいカテゴリー。

【型面での課題】

型の理解は読みどおりで後は買い方の問題とした通りの結果になったので、もう少し精度を上げてGⅢ型を3頭に絞って、そこから3複2頭軸という感じでよかった。

【来年への課題】

  • 京都牝馬凡走ステップで非追い込み脚質の成績
  • 過去に京都牝馬S凡走で当日人気支持の馬の成績
    スポンサーサイト
    [ 2006/03/12 16:17 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/79-67d5abb0






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。