スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中山牝馬S 型分析 

中山牝馬S GⅢ 4歳以上牝馬ハンデ 中山芝1800m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

中山牝馬型


【通時的考察】

  • GⅡカテは人気型良でも信頼出来ず、低評価反発が基本。指数差に敏感と思われる。
  • GⅢカテは型に関係なく毎年絡んでいるので心強い。特に占有率がE以上の時は2頭絡みが期待出来る。
  • OPカテは比較的素直で、型良 or 型悪なら占有率という条件が基本。指数差あまり関係ない。
  • 準OPは型よりも個体的な縛りの方が大きい。占有率高くても崩れた年があり、あてにし辛い。
  • 下級は厳しい。型良、占有率、指数差小さいという条件付きでなければ。
  • 休み明けも型よりも個体評価。


    【年度別考察】

    ■01年度■
    GⅡがA保有もGⅢと差が無く食われること濃厚場面。下級がC保有も1頭のみではGⅢにブロックされる可能性が高く、GⅢは安定。OPはこの年だけ占有率Bでまだ可能性あり。準OPは個体的に良ければという感じ。GⅢから入るのが正解。

    ■02年度■
    この年は指数差が全然無く、波乱含みと思われたが1~3番人気内で決着。この年は道中のラップがかなり速く1分45秒台の決着で、準OPが6頭居て1頭も絡めなかったことから、格通りに決まった感が強い。

    ■03年度■
    休み明けがA保有で指数も5.5とまずまず。下級は出番がないとして、あとは占有率高いGⅢカテと準OPから1頭拾う程度で良い。準OPは個体的に無理ならば、思い切って型決定してしまってもいい。休み明けから入るのが正解。

    ■04年度■
    GⅢカテがA保有で、かつ指数差4.0なので2頭絡み濃厚も1頭だけとは情けない。人気B~Eが指数差ないので、GⅡ反発と、OPの型良を拾う程度。GⅢから入るのが正解。

    ■05年度■
    GⅠカテが4.5と指数差つけてA保有も、前例が無いので信頼しきれず。GⅢは占有率高いので無条件に拾う。OPは用なし。準OPは個体評価。休み明けも型良いので拾わざるを得ず。ただし絡めていないので型良くても信頼するのは早計。
    スポンサーサイト
    [ 2006/03/06 16:35 ] 型分析 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/77-8f9275df






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。