スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チューリップ賞 ローテ分析 

チューリップ賞 GⅢ 3歳牝馬 阪神芝1600m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

チューリップローテ


【分析】

■先ず主要の阪神JFステップ。好走組から。好走馬は【1-0-1-1】で当日人気は2、2、1なので期待値は高くは無い。人気を裏切らない形で勝ったのは1着の1頭だけで、前走1人気1着。他2頭は人気を裏切る形でよくなく、6、7人気での1着馬。今年はテイエムプリキュアがこの形にあたり少なくとも◎には出来ない。

■続いて凡走組。凡走組は【2-2-0-2】と優秀で当日人気も3、4、5、1と狙い頃。連対4頭に共通するのは前走人気よりも着順悪の形。4着以下2頭は人気より頑張ったけど凡走タイプ。今年はこのタイプの出走なくさびしい。

■次に3サンプルしかないがGⅢステップにも触れる。全馬クイーンC経由。当日人気は11、13、10と酷いが、内2頭が5着に突っ込んでいる。2頭に共通するのは共に前走人気より着順UP。調子落ちしていない馬の人気急落が何れ穴を出す気がしてならない。

■次にOP特別。サンプル多い1600mから。同距離で有利と思われがちだが【0-2-3-9】と勝ち馬が出ていないので頭にするのは早計。好走ステップの馬は基本に忠実で、前走3番人気以内に支持されての好走であれば比較的堅実。当日も人気になるが逆らえない。次に凡走ステップは【0-1-1-6】で当日人気が7、11なので紐で狙いたい。1頭は4人気4着後の人気落ちで、1800m、2000mと長め志向の馬だった。ちなみに凡走ステップで2000m経験はこの馬だけ。もう1頭は今走までに8戦消化と経験豊富なタイプでダート経験も保有。2000m経験やダート経験などの異端性があり、リズム崩しきっていながパッとしないタイプは注意。

■続いて【1-1-0-4】の1400mOP組。1400m→1600mは延長ステップで辛いので軽く凡走が鉄則だが、凡走だとリズム崩しの影響か、前走1着馬しか好走出来ていない。勢い重視で。前走1着馬に限れば【1-1-0-1】で、連対2頭は前走1、2番人気に支持。4着以下1頭は4人気1着で、ストレス懸念。

■1200mOPのサンプルは05年1着エイシンテンダー1例しかないので判断微妙。勢いは欲しいので前走1着経験が欲しい。

■500万組は【0-0-0-14】と壊滅的。好走ステップで人気に支持された馬も負けているので、かなり危険なローテ。

■未勝利新馬も良くなく、05年3着のダンツクインビーが最高。
スポンサーサイト
[ 2006/03/02 15:34 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/70-6ae2d82a






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。