スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェブラリーS ローテ分析 

フェブラリーS GⅠ 4歳以上定量 東京ダ1600m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

under construction... フェブラリーローテ


※中山で行われた03年を除く過去5年のデータ
※芝重賞には海外GⅠ含む

■先ず中央GⅠステップ。5サンプルと少ないが当日の人気が2、3、1、1、2とかなり人気を被るので出し入れは慎重に行いたい。ただ連対の2頭は単純にJCD組で、人気で負けたのは有馬とスプリンターズ組だったので、JCDを好走した馬を重視し、芝GⅠからのステップは人気でも軽視で良いだろう。

■続いて近年主流の地方GⅠステップ。内訳は川崎記念【0-1-1-7】東京大賞典【0-2-0-6】 先ず川崎記念から。とかく勢いが大切なのでリズム崩している馬の出番は無く、3着内2頭は共に全走3着以内で2走前も3着以内(1着、2着)。近2走共に3着以内に限ると【0-1-1-2】で4着以下に敗れた2頭は、3番人気1着で川崎を制し当日2桁人気だったリージェントブラフと、3着の1サンプルのファストフレンド自身で、こちらは2度目で鮮度が薄れたのが最大の敗因だろう。続いて東京大賞典。2着2頭は共に凡走からの巻き返し。ただし凡走し過ぎもよくなく、前走1、2番人気でも9、10着くらいにリズム崩していると本番巻き返し厳しい。それまでリズム崩してなく軽く負けて疲労抜くパターンが一番安定。2着のサイレントディールは7着続きだったが、1600m圧勝→2000m2戦凡走→今走と変則的な短縮になっていた点にも注目したい。

■次にサンプルが多いダートのGⅢステップ。

■【2-0-2-20】の根岸Sから。うち好走ステップは【2-0-1-6】で、1着の2頭は共に2連勝中。連勝と連続好走では勢いが違って、連勝ではなく2戦連対のサウスヴィグラス、サンフォードシチーは敗れている。3着の1サンプルは同じ根岸ステップで1着だったノボトゥルー。2人気3着と人気を裏切る形。2回目の方が鮮度が落ちるのは前述したとおり。凡走ステップは【0-0-1-14】とほぼ出番なし。唯一3着に検討したスターリングローズは根岸で2番人気11着という形。根岸を1、2人気に支持されて凡走した馬に限ると【0-0-1-3】でスターリンはここ3戦ずっと1、2番人気支持されていての今走人気急落だった。

■続いて【1-1-1-7】の平安S組。好走【0-0-1-3】、凡走【1-1-0-4】とトライアル的レースなので、好走だと疲労が懸念される為、凡走ステップの方が成績が良い。好走ステップで3着の1サンプルは昨年のヒシアトラス。4サンプル共前走1着だが、ストレスを残さない圧勝+鮮度というカードを持っていたのはヒシアトラスだけだった。凡走から巻き返した連対2頭は例のリズム崩れなく軽く負けて疲労抜く王道パターン。ピットファイターは11着と負けすぎた。また2頭共前走は追い込んで届かずだったのも共通点。

■最後にガーネットS組だが2桁人気馬しか出走しておらず、データ的には何とも言えない。

■次に芝からのステップ。1着はアグネスデジタルで仕方ないのでパス。2着はトゥザビクトリーで阪神牝馬圧勝後のステップで4番人気に支持されていた。同じ好走ステップでも京都金杯組はそこそこ人気を集めるが成績はいまいちなので注意。よほど強調点がある馬以外は買いたくない。

■OPとGⅠ以外の地方レースについては割愛。

以上

参考になるblogとして、鮮度という点にこだわった記事が役に立つ、ブライトさんの「競馬を少し噛んでみる」を挙げさせて頂きます。
スポンサーサイト
[ 2006/02/15 19:57 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/64-2970bd25






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。