スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AJCC【2008】 ローテ分析 

AJCC GⅡ 中山芝2200m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 予想の組み立て

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

AJCCローテ


上は過去7年のAJCCの前走ステップ別の成績です。ローテ分析は昨年やり直したので、昨年の成績を踏まえて修正を加えます。
※02年は東京開催でしたが、間違ってカウントしてしまっています。

-参考-
・AJCC【2007】ローテ分析

■菊花賞ステップ■

昨年はインテレットが5人気2着。同じ菊からのフサイチに比べると内容物足りないけど走ってしまうので、前走のリズムが悪くなければマイナスにはならないステップだろう。

■ステイヤーズステップ■

昨年はチェストウイングが4人気10着に大敗。前走人気より頑張って走った馬に該当し、危険だった。また前走5人気4着という形で凡走したグラポジも10人気9着。ロードプラチナムの巻き返し例から、前走支持凡走以外は軽視で良い。

■GⅢ好走馬について■

昨年は中日新聞杯を好走したインティライミが1人気4着。そもそも前走GⅢを好走した馬は当日【1-0-0-3】で、唯一1着取ったのは前走1人気1着のリズムだったクラフトワークのみで、圏外3頭は何れも人気より着順が下回っており、GⅢ好走(特に人気より頑張って走ったタイプ)は相性悪いと言える。

■準OPステップ■

昨年の例を見るからに、長めの距離とか支持好走とかは特に必要が無い感である。前走好走して唯一圏外だった馬は、前走11人気3着とイマイチだったし前走はマイル。圏内入りした馬は前走1800m以上の距離で、かつ前走1着だった。前走支持好走に限ると【1-2-0-0】と黄金ローテになる。

■休み明け■

昨年は3頭の出走で、4歳で鮮度0のジャリスコが最高位の5着。それでも3人気なので期待裏切っているし、特に気にする必要は無いはず。

以上

スポンサーサイト
[ 2008/01/21 19:07 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/352-99d97121






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。