スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京成杯【2008】 結果と言い訳的回顧 

京成杯 GⅢ 中山芝2000m

1着 ◎マイネルチャールズ
2着 …ベンチャーナイン
3着 …アイティトップ

7着 ▲マイネルファルケ
8着 ○ステルスソニック

京成杯08結果


【言い訳的回顧】

下手こきました。
共時的読みは完璧で「新馬がこけるならOP-GⅢ」と言っておきながら、通時でベンチャーナインを取りこぼすというミス。馬連80倍取り逃した~。

まず確認すべき点は、新馬ステップは人気A、占有Aに耐えれなかったということ。未勝利は03年に占有Aで1着していますが、人気Bも作用したかもしれません。ボーンキングが勝った01年時は、占有Cで人気Bもあったこと考えれば、積極的に狙うのは間違いだった気が…。

そうなると、OPステップが有利で、その中で純ローテクリアしたのが、マイネルチャールズ1頭だけでした。ドットコムは当日人気集められなかったのでアウト。あとはGⅢステップの取捨選択ですが、ラジnikkeiがパンチ不足の馬が多く、掲示板縛りでマイネルを拾ったものの、大外から逃げられず沈みました。

ベンチャーナインを拾えなかったのは、鮮度1は2人気以内しか来ていないという縛りがひっかかったから。でも、ローテ的にも、鮮度的にも、人気的にも、データブレイカーとしての要素は持っていたので抑えるべきでした。東スポがなんで走れたかは、鮮度2の馬が居なかったこと、GⅠ組が居なかったこと、ラジnikkei組がイマイチだったからで、東スポ組と、GⅠステップやラジnikkeiのローテクリア馬との優劣はまだわからないでしょう。

【来年への課題】

・鮮度1は2人気以内は、絶対的ではない。
・ラジnikkeiいまいちの馬は、あてにしちゃ駄目。
・2年連続OPが1着なので、そろそろ途切れそう。

スポンサーサイト
[ 2008/01/21 17:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/350-4e926708






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。