スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都金杯 結果と言い訳みたいな回顧 

京都金杯 GⅢ 4歳以上国際H 京都芝1600m

1着 …ビッグプラネット
2着 △ニューベリー
3着 …アルビレオ

6着 ▲ディアデラノビア

10着 ○キネティクス
11着 △メイショウオスカル
12着 ◎エイシンドーバー(4位降着)

前に行った2頭で決まるという何とも情け無いレースでした。

1着のビッグプラネットは前に行けばと書いたけど、ここまで楽になるとは思いませんでした。タイムが早すぎなかったのも良かったという印象です。人気では信頼置けないタイプだと思うので、今後も人気落ちの延長という過程で注目したいです。

2着の△ニューベリーはここ5年OP組みの連対がありませんでしたが、データブレイカーとなりました。恐らく変則連闘、バイアスの助け、前走圧勝が効いたと思うので、次走は今日以上に走れないと思います。

3着のアルビレオは前残りの中直線内を突きよく伸びました。徐々にパフォーマンスは落ちて来ると思いますが、混戦の人気落ち場面では注意した方がよさそうです。

◎のエイシンドーバーは好位置からレース進めたものの4着。まずまず走っているけど、少し物足りない印象でした。少し弱くしたアルビレオみたいなタイプかな…。

-来年への指針-
①やはりOP組みは不振で鮮度馬は比較的堅実。
スポンサーサイト
[ 2006/01/05 16:16 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/35-2f67b704






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。