スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京成杯【2008】 ローテ分析 

京成杯 GⅢ 中山芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

京成杯08ローテ


上は過去7年の京成杯の前走ステップ別成績です。02年は東京施行のため除いています。これをもとに分析します。

①GⅠステップ

1頭以外朝日杯で、圏内3頭の当日人気は2、1、2人気。3頭に共通するのは、前走掲示板キープで、3頭中2頭は重賞連対実績あり、残り1頭はOP1人気1着実績があった。実績保有していて、前走もさほど負けていないタイプなら人気でも。

一方圏外4頭の当日人気は5、4、4、8人気で、着順はそれぞれ4、6、4、6着。人気程度には走るものの、連対するならもうワンパンチ欲しい。ちなみにこの4頭は前走非掲示板。リズム悪い馬の巻き返し期待は点数広げるだけ。

②GⅡステップ

京王杯(10人気7着→11人気9着)
のみなので割愛。

③GⅢステップ

1サンプルが東京スポーツ杯で、残りは全馬ラジオたんぱ凡走組。圏内4頭の当日人気は1、2、4、8人気。まず連対の3頭は前走3人気3着、4人気5着、4人気4着と、そこそこの人気で掲示板入りというタイプで、未勝利・新馬戦は1人気1着で勝ち上がってきたタイプ。

一方、8人気3着と人気薄で圏内入りした1頭は、前走不良で2秒差の大敗。2前は朝日杯で大敗。大敗続きだったが、朝日杯の前は人気薄でOP2勝の実績があった。リズム崩していても原因が明確で、かつ人気薄で実績あるタイプなら3着止まりなものの多少注意が必要か。

圏外5頭は4、12、1、5、10人気。相性悪いのは、前走人気よりも大きく負けたタイプで、トッププロテクター(4人気9着)/ブルーイレヴン(1人気7着)/ローズプレステージ(5人気10着)と人気を大きく裏切っている(括弧内は当日の人気と着順)。

他は…
東スポ(8人気11着→7人気6着)

④OPステップ

まず好走は【1-0-0-6】の成績。圏内1頭は昨年のサンツェッペリンで、前走ホープフルを10人気2着で当日は3人気だった。圏外6頭のうち5頭は前走ホープフルで、当日は人気程度には走っている。人気に支持されるようなタイプ(たとえ大幅人気上げでも)なら軽く抑え必要か。

続いて凡走は【0-1-1-11】の成績。圏内2頭の当日人気は3、6人気と、中位人気から連対するにはやはりもう1歩。2頭は前走ホープフルを2人気3着、5人気4着と、ほどよく凡走したタイプ。圏外11頭の中では10人気4着が最も良い。同馬は前走3人気大敗後の人気落ち。かつ2前は1着だった。前走1人気で掲示板死守したタイプは当日負けていることから、掲示板キープして軽く負けるなら2~5人気がベターで、1人気から負けると例え掲示板キープした負けでもリズム崩したことの方が怖い。一方人気から大敗するなら、当日人気落ちという条件が必須になりそう。

⑤500万ステップ

まず好走は【1-1-2-7】の成績。圏内4頭の当日人気は2、1、1、9人気なので期待値はいまいち。人気なら安定と考えるのも危険で、圏外7頭の中には1人気が2サンプルいるし、2、3人気も1サンプルいるので、むしろ人気でも信頼が置けない。

人気集めて沈んだ馬は、前走ダートの1頭を除くと中山の葉牡丹賞1着。葉牡丹賞勝ち馬は多分、相当相性悪い部類に入る。理由は良くわからんが同コースのストレスとか、1着後で馬が硬くなるからか。それに対して、人気に支持されて当日も無難に走った3頭は、前走エリカ賞orベゴニアと、非中山だった。

一方、9人気3着(やはり低人気は3着止まり…)だったのは、昨年のアルナスライン。前走は中京のダート0.5差圧勝後だった。また2前がエリカ賞でダ芝ショックのバウンド延長。芝経験保有の前走ダート好走馬は人気より走っているので、あとは芝の内容と、前走の内容で、その2つの内容よければ低人気でも一応中位が必要か。

凡走は【0-0-1-7】とあまり出番が無い。3着の1頭は前走2人気3着で当日4人気と異例。負けすぎている馬はことごとく大敗しているので、負けすぎていないタイプで3着なら。

⑥新馬

次の未勝利と比べて成績が悪い。唯一1着は01年のボーンキングで、当日は3人気に支持。人気に支持されるようなタイプを抑える程度。

⑦未勝利

ここまで人気薄は3着止まり、人気なら抑えを繰り返してきたが、中位人気が狙えるとしたらここ。圏内5頭の当日人気は4、9、5、3、8人気。まず前走支持好走は必須条件。5頭中4頭は生涯掲示板キープで、うち2頭は生涯圏内キープ。残る2頭のうち1頭が圏外かつ掲示板死守(つまりは4、5着)だったのは新馬戦。残りの1頭は2度5着があったが、前走1人気1着で勢いをカバーしていた。

圏外7頭のうち、生涯掲示板キープは3頭いて、5人気4着、10人気5着、6人気8着だった。そのうち前2者のあと一歩だった2頭は、新馬戦のみ圏外掲示板タイプと、圏外掲示板複数回も前走1人気1着で勢い戻したタイプ。

一方、非掲示板経験があるも当日3着と圏内入りした1頭は、前走が0.5差の圧勝タイプ。

まとめっと、
生涯掲示板キープが優位で、生涯圏内のエリートタイプだと尚優位。4、5着経験あっても、それが新馬戦のみだったり、前走1人気1着、または圧勝で勢い戻して臨めるタイプなら走れる。

⑧その他

地方(1人気1着0.8差圧勝→2人気7着)
地方(2人気2着→9人気10着)
休み明け(3人気5着/10人気7着/9人気6着)

地方は圧勝していても芝経験無いと厳しいか。
休み明けは5着前後にかたまる感じ。
スポンサーサイト
[ 2008/01/16 19:31 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/344-66bab5ab






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。