スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェアリーS【2007】 結果と言い訳的回顧 

フェアリーS GⅢ 中山芝1200m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎マイネレーツェル
○エーソングフォー
▲ビーチアイドル
△メイビリーヴ

上位層不振で500万ステップを中心に。
昨年500万凡走のワンツーと、凡走が走り過ぎたので好走ステップを重視したい。
よくわからんので印は4頭のみ。

◎はマイネレーツェル。500万好走ステップ。平坦しか経験無いが1200mは4戦全て圏内入りしており、新馬戦ではエイムアットビップに勝っている。また次走もファンタジーSで崩れたが、その後1200mで0.2差1人気1着とリズムをすぐ戻す辺りも根幹1200mへの適正を表しており好印象。ただ重賞挑戦回数2回と鮮度的に微妙であり、当日3人気以内欲しい。

○はエーソングフォー。未勝利ダート0.6差圧勝タイプ。本当ならもう少し前走離したかったが。

▲はビーチアイドル。異端の前走地方ダート重賞ステップ。初戦で阪神の1200mを勝ち、自走のOP1200mでは前半33.0という極端な前傾を2番手から押し切る。ファンタジーSからの直行組が不振のレースなので、前走でダートを挟みその流れを変えられたのは良い。プラス体重続きなので軽く絞りたい。

△はメイビリーヴ。500万好走ステップ。1200m経験無く、少数頭のマイル続きということで、本当は思い切り消したいところだが、バクシンオーの初重賞なのでとりあえず押さえ。

以上

スポンサーサイト
[ 2007/12/15 19:50 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/340-7065eff6






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。