スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鳴尾記念【2007】 型分析 

鳴尾記念 GⅢ 阪神芝1800m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

鳴尾07型


【鳴尾記念のデフォルト】

①GⅠステップは占有C以上あって人気平均4.3未満なら2頭絡みしている。

②GⅠステップ馬が連対できなかったのは2回あり、占有Aor人気平均6.7と近7年で最低の時だった。

③OPは昨年型的には近7年で一番良かったのに3着止まりと相性が悪い。

④準OPは占有Aでも走れるが人気A占有Aは良くない。

⑤近年は非リズム重賞だが、過去7年では2度前走好走馬のワンツーになったことがあり、その時は人気Aは非GⅠステップだった。

⑥比較的1人気馬は安定する。

⑦ペース的には後傾ラップが多い。特に1800mに変わった昨年は上がり3F33秒台の超スローだった。

⑧6番人気以降で当日圏内入りした馬は鮮度ある馬が多く、5頭中4頭が古馬重賞挑戦回数0or1回だった。

以上

スポンサーサイト
[ 2007/12/05 21:27 ] 型分析 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/333-42dc748a






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。