スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

朝日杯FS【2007】 結論 

朝日杯FS GⅠ 中山芝1600m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

買いたい馬が少ないよ…。
型的には前走ステップの頭数内訳、GⅢが人気A、GⅡが人気Bとって、OPと500万が人気指数10.0overと、昨年とほぼ同一。だったらさ、昨年と同じでいーんじゃねーの?という感じ。

◎ゴスホークケン
○スズジュピター
▲レッツゴーキリシマ
△アポロドルチェ
△ウイントリガー

◎はゴスホークケン。前走東京スポーツ杯凡走ステップ、バウンド短縮馬。GⅢが人気AGⅡが人気Bを取った時の1着馬は前走支持凡走馬という点を考慮しこの馬を本命に。OP実績持っていない点が過去東スポ凡走巻き返し条件とズレるが、2前マイル圧勝→東京スポ1人気凡走という例が無いのでデータブレイクを期待する。2前の新馬がOP好走に匹敵する内容だと思うのでカバーできるのではないか。

リズム重視の2歳GⅠで凡走馬のワンツーは無いと思うので、残りはGⅡ、GⅢの好走馬へ。

○はスズジュピター。OP実績保有の東京スポーツ杯好走ステップ。OP実績保有している東京スポーツ杯ステップは【1-1-1-0】と安定する。前走1400m→1800mの延長アップ克服しているし、父タニノギムレットからアップ質の根幹は苦手では無いだろう。鞍上を嫌って2番手評価。軽く絞りたい。

▲はレッツゴーキリシマ。前走京王杯を「中位人気から勝ちきらずに2、3着に好走し、当日人気落ちの2前1着先行タイプ」。 

△はアポロドルチェ。京王杯1人気1着ステップ。過去コスモサンビームが2着したステップと同様。2前OP3着が少しインパクトに欠けるが、新馬戦1200mで0.6差圧勝→少数頭のスローで取り逃し→アップの多頭数重賞で0.3差圧勝と、アップ質に強そうな所は見せている。前に行って位置取りかけたい。

もう1頭の△はウイントリガー。ドリームシグナルは前走低人気かつ差し寄りの脚質、キャプテンは父アグネスタキオンの中山根幹GⅠということで嫌ったら、この馬しか残らなかった。2前札幌2歳がだらしない内容だがアップ適正はありそうなので。

----------------------------

-追記-

人気型が昨年と同じという点を重要視しての予想ですが、別視点でいくとここ2年の朝日杯2歳の流れは「前走2人気以内支持のワンツースリー」とも取れる。って考えると…

該当馬:アポロ/ゴス/サブ/エーシン/ドリガ

の5頭しか居ないんす。
馬連当てること考えると、過去10人気より人気薄絡んだこと無いので(多分)、ドリガは消えて残り4頭。ここ2年はAA決着無いのでその点を考慮すると…前日の21時46分時点でのオッズで判断ですが、

@アポロ-サブ/エーシンの馬連

30倍、25倍、2点抑えていいのかも…。

以上

スポンサーサイト
[ 2007/12/08 21:47 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/330-d11e0db9






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。