スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

朝日杯FS【2007】 型分析 

朝日杯FS GⅠ 中山芝1600m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

朝日杯07型


【朝日杯FSのデフォルト】

①リズム優位のGⅠで前走凡走から巻き返して連対した2頭は前走2人気以内に支持され、今回も2人気以内に支持されるという抜けたタイプに限られる。

②GⅡステップは人気B占有D以上の型なら連対出しているが、人気C以下になると3着が多い。

③GⅢは人気型関係なく連対することが多く、唯一連対できなかった時は人気指数が8.5と近7年で最低の時だけであった。

④OPや500万ステップは占有率を頑張って上げたい。

⑤1人気は何だかんだ言っても3着以内には入っている(近3年は3着止まりが多いが)。

⑥前走3番人気以内支持が圧倒的に有利。

⑦基本は前傾ラップだが、ある程度前に居て35秒台で押し切る力ないと1着は厳しい。ただ昨年は前傾だったが後ろからの差し切りが嵌っている。

以上

スポンサーサイト
[ 2007/12/05 21:27 ] 型分析 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/329-2243301f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。