スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

阪神JF【2007】 結果と言い訳的回顧 

阪神JF GⅠ 阪神芝1600m

1着 …トールポピー
2着 …レーヴダムール
3着 …エイムアットビッブ

4着 △オディール
5着 ◎シャランジュ
6着 ▲レジネッタ

10着 ○ラルケット

13着 △アロマキャンドル

阪神07結果


【言い訳的回顧】

走られてもおかしくないなぁという馬3頭に走られて完敗…。◎のシャランジュは中割って良く頑張ったと思います。でも外から来た2頭が1、2着なので少し悔いは残りますが。

先ず500万ステップの取捨選択に相当悩んだのでここから整理する必要があるでしょう。500万ステップで過去圏内入りした馬の条件は・・・
①「レース消化数2、3戦」、②「全レース連対」、③「先行脚質」、
④「前走京都」、⑤「マイル経験」

の5つとしましたが、今年のレースではっきりしたのは、この5つに順序つけるなら①②が最優先だということでしょう。①②を満たしていたのは500万ステップ7頭中ラルケットとトールポピーのみ。③④⑤は持っていればベターという程度の位置づけで来年以降望みたいと思います。

トールと同様①②満たしていた○のラルケットは出遅れ。ノリじゃないとダメみたいですし、1400mしか経験して居ない馬と、マイル経験こそ無いものの1800、2000m経験ある馬だったら、よほどスローにならない限り、後者の方が上位になるのは当たり前ですね…。▲レジネッタは先行組で良く残っているものの、こう見ると初戦の10着がイマイチでした。

2着レーヴダムールは次点として取り上げた前走マイルの新馬勝ち。ファルブラヴでもこっちかよ!という感じ。でもしかし、言い訳的回顧をすると、新種牡馬の生命力を頼りにして評価するならレーヴの方が1戦1勝で鮮度あるので、当然こっちの方を上に評価するのが正解でした。

3着のエイムアットビップはまさかの差しに回る位置取りで3着。今回前にいった馬は軒並み沈んでいるので、普通に逃げてたらオディールと着順入れ替わっていたかも。これは読めないので仕方なしで、GⅠでこんな試し乗りして3着にもってくる福永の好プレーでした。凄い。

結局終わってみれば、3年連続、前走好走のワンツースリーで、これが新装阪神の特徴なのかなという印象ですが、例えば前哨戦好走のオディールやエイムアットが連対できなかったことや、同じく1400m経験しかないラルケットの凡走、一方勝った馬は1800mからの短縮etc…それなりに厳しい流れになってくれさえすれば、これまでと同様の対応で何とかなりそうな感じもします。

【来年への課題】

・500万ステップ馬をきちんと見抜くこと
・凡走にはあまり期待するな(人気落ちるので本当はしたいけど…)
・前走マイルで新馬戦勝って来た馬は着差無くても注意
・前走好走が最低条件になるのかなぁ…

以上

スポンサーサイト
[ 2007/12/04 15:16 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/327-2b978942






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。