スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ステイヤーズS【2007】 結果と言い訳的回顧 

ステイヤーズS GⅡ 中山芝3600m

1着 …マキハタサイボーグ
2着 △ネヴァブション
3着 …アドマイヤモナーク

4着 ○トウカイトリック

6着 ◎パープルファルコン

10着 △リキアイサイレンス
11着 ▲ショートローブス

ステイヤーズ07結果


【言い訳的回顧】

今年の正解は…

①型分析より:GⅡステップ過半数は圏内入り
②3頭絡み濃厚
③ただ今年は好走、凡走にこれといった条件クリアが居ない
④別路線GⅡのアドマイヤモナーク軸の3複相手7頭21点

だったんじゃないかしら?もしくはワイドとか。

ネヴァの巻き返しは「前走1人気」がカギとなるのでOKとして、マキハタサイボーグはさっぱり強調材料が無く。▲のショートローブスも然りですがアルゼンチン非掲示板からの巻き返しをもう少し考える必要があるみたいです。

◎のパープルファルコンは最低人気6着と頑張ったと思います。4コーナーでは一瞬夢を見ました。ただアルゼンチン凡走組の壁が思ったより厚く、準OP凡走組はこれからも「低人気で5着前後」という形が多くなりそう…。

一方アルゼンチン好走組は2頭共圏外終わり。トウカイトリックもリキアイも好走ステップからの条件と微妙にズレていたので、その辺りが響いた感じ。もっと大きい目で見れば、凡走巻き返しが効くのがアル共の特徴だったので、迷って印打つなら好走より凡走の方だということを教えてくれたレースでした。

あとやっぱりこれだけ不振馬多いにも関わらず走れなかったGⅠステップ。今後も相手にしなくて良いでしょう。

【来年への課題】

・GⅡステップの壁が思ったより厚い
・準OP凡走は穴で抑える程度が良い(あまり期待しない方が良い)
・アルゼンチン初重賞で好走の場合は割引

以上
スポンサーサイト
[ 2007/12/04 15:12 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/325-3c6debfe






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。