スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ステイヤーズS【2007】 結論 

ステイヤーズS GⅡ 中山芝3600m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

今年は、アルゼンチン好走凡走共にいまいちで(特に凡走組に強調材料無い馬が多い)、穴として期待できそうな福島記念組がゼロ、準OP好走組もゼロという特徴から、準OP凡走の巻き返しを期待したいと思います。もしくは無難にGⅠステップの人気馬がデータブレイクしたりして。

◎パープルファルコン
○トウカイトリック
▲ショートローブス
△ネヴァブション
△リキアイサイレンス

◎はパープルファルコン。準OP凡走ステップ。準OP凡走組は人気より走る馬が多く、その中でも低人気4着した過去の馬と同様、前走休み明け京都で0.4差という臨戦過程。7歳馬だがレース消化数さほど多くなく、重賞初中山初という鮮度も良い。(ここ2年は鮮度が決まりにくい構造ではあるが・・・)

○はトウカイトリック。アルゼンチン好走ステップ。アルゼンチン好走馬は秋2~3戦叩いてリズム上げた馬を狙うのがセオリーだが、同馬は前走が休み明けで秋1戦。出来れば前走は軽く負けたかったが、昨年も休み明け2戦目で好走しているのでステップ的に悪くはないだろう。前走より斤量減になるのも良いし、近年の格重視という流れにも合うので無難に走りそう。

▲はショートローブス。前走アルゼンチン凡走ステップ。アル共凡走巻き返しの筆頭として。本当はネヴァブションの方にしようかと思ったが、かつて前走1人気から巻き返した馬はそれまで3連勝で勢いがあったが、ネヴァの場合近走均衡しているし、58キロの好走歴無いのも不安。だとしたらここはいいリズムの馬が居ないので、2前に1着して前走も0.6差のこっちの方がまだ可能性あるのでは。

△は2頭は結局アルゼンチン組にしました。13頭中7頭がアル共組で、1頭にだけ印打つのは危険な感じなので。

蓋を開けてみると、◎は最低人気だった・・・。果たして・・・。

以上

スポンサーサイト
[ 2007/12/01 14:43 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/322-a500d99f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。