スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中日新聞杯【2007】 型分析 

中日新聞杯 GⅢ ハンデ 中京芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

中日新聞07型


【中日新聞杯のデフォルト】

①GⅠステップは占有A以外の時は圏内入っている。ただし2頭の時は3着止まり。3頭出走でかつ人気Aの時は2着以内、かつ2頭絡みまで。

②GⅢステップはBなら連対。Cの時は3着止まり。

③以前は比較的リズム優位だったが、近年は非リズム優位になっている。

④上がりがかかってタフになった05年以外、馬連は5人気以内決着。ただしBB決着は無い。

⑤中京=平坦なイメージも、好位置から35秒台程度で押し切れる馬。

⑥近年出走数自体少ないが、鮮度よりも格の方が重要。

以上

スポンサーサイト
[ 2007/11/29 17:04 ] 型分析 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/319-8a4f4b89






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。