スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中日新聞杯【2007】 ローテ分析 

中日新聞杯 GⅢ ハンデ 中京芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

中日新聞07ローテ


上は過去7年の中日新聞杯の前走ステップ別成績です。一昨年にローテ分析しましたが2年たったので修正しました。尚昨年から距離が2000mに変更されたので、どれだけ妥当性があるかは不明です…。

①前走GⅠステップ

先ず全体的に言える傾向として。一昨年も書いたが当日3番人気以内支持で縛ると【2-4-0-4】となり安定し、かつ重賞連対実績と前走1桁着順で縛ると【2-4-0-2】と圏外は2頭のみとなる。続いて前走のレース別に見ていく。

先ず最も面白いのはマイルCSステップで【1-0-0-2】の成績。勝った1頭は当日1人気だが、前走何も出来なかった2桁人気2桁着順の馬が当日は10人気5着、7人気4着と走れているので、強調材料無くても人気低ければ狙って面白いだろう。

続いて菊花賞。成績は【1-1-0-3】で、人気でも危険なのは当日後ろに置かれそうな馬や前走2桁着順とリズム悪すぎる馬。圏内2頭はGⅡ連対実績を保有しており、春は共にダービーを使われていたのが一応共通。

次にエリ女で【0-1-1-3】成績。圏内2頭に共通しているのは、2前に1800mの重賞を連対し、前走7、8着に負けて疲労を抜くというパターン。前走逆に好走してしまうと疲労的な観点からあまり良くない。また停滞気味の馬やリズム悪い馬も敬遠したい。

天秋。【0-2-0-0】の成績。サンプル少ないし、圏内2頭は1、2人気なのであまり何とも言えないが、前走より人気を大幅に上げてもきっちり走っているので、あまり嫌わない方が良い。2頭共先行タイプ。

他は秋華が1サンプル(4人気9着なのでイマイチか)。

②前走GⅡステップ

3頭とも休み明け叩き2~3戦目だが、パッとしない成績で、当日も人気よりチョイ走って終わるケースが多い。もう少しメリハリある馬ならデータブレイクの可能性も?

③前走GⅢステップ

先ず主流路線の福島記念。圏内3頭の当日人気は3、5、10人気。3頭は前走人気より頑張って4、5着という形なので、この条件で縛ると、【0-1-2-1】と結構絞れる。唯一圏外だったのは00年のコンメンダトーレで、福島記念52キロ→今走56キロの4キロ増だった。また圏内3頭中2頭は中日新聞杯のリピーターで何れも1回目は負けている。また好走2サンプルは何れもバンブーマリアッチで、福島記念2桁人気から3着という形の好走。同馬は福島記念専用馬だったので、ちょっと例外的に考えたい。

他は…
京阪杯が4頭(6人気9着、2人気5着、9人気5着、9人気10着)
カブトヤマが1頭(5人気4着)
富士Sが1頭(1人気2着)

京阪杯は天秋→京阪杯ステップが人気より3以上着順下回りので割引か。他は当日人気なら押さえ程度?

④前走OPステップ

先ず好走ステップが1頭しか居なく【1-0-0-0】。当日4人気1着。ただその1頭もプリサイスマシーンで特殊なので、信頼しきるのもどうか。残る凡走が【1-0-0-13】と壊滅的なのだが、当日8人気で1着1サンプル出してしまったので一応確認。同馬は前走東京1600mOPを4人気7着。2前は1400mOPを1人気5着している。他にも支持凡走馬は結構いるが当日走れていない。圏外13頭で当日そこそこ走れたのはカリプソパンチくらいで、こっちは東京1400mOP0.4差負けしてからの直行。あまり神経質になる必要は無いと思うが、強いて言うと前走支持負けということよりも、近走1400mで何らかの強調点がある馬に多少の注意が必要か。

⑤前走準OPステップ

先ず凡走は【0-0-0-12】と相性悪く、好走もここ4年7頭負けていることから相性はあまり良くない。圏内2頭の当日人気が1、2人気なのもそれを象徴しており、当日1、2人気支持で【1-1-0-1】と安定する。圏内2頭は前走京都1800mを5人気から2、3着しており、低人気で勝ちきってしまうと良くない。

⑥前走1000万ステップ

1000万からは準OPに比べて相性が良く、好走に限れば【2-0-2-3】と圏内率50%を越える。圏外だった3頭中1頭も11人気5着と見せ場作ったし、昨年凡走ステップから出走した2頭のうち1頭も、13人気4着とあと一歩だったので、1000万ステップからは常に注意が必要。

⑦休み明け

3着が限界なので連で買うなら特に気にする必要は無いが、3着が2頭。1頭は重賞初、もう1頭は重賞3戦目と鮮度があるタイプだった。またアップ適正も示しており、前者は若葉S15人気5着、後者は函館記念、札幌記念で掲示板入りしていた。

------------------------------------

-参考-

中日新聞杯【2006】ローテ分析
中日新聞杯【2006】結果と言い訳的回顧
中日新聞杯【2005】ローテ分析
中日新聞杯【2005】結果と言い訳的回顧

以上

スポンサーサイト
[ 2007/11/28 23:02 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/318-84cf0595






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。