スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジャパンカップ【2007】 結論 

ジャパンカップ GⅠ 東京芝2400m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎メイショウサムソン
○ドリームパスポート
▲フサイチパンドラ
△インティライミ
△ウォッカ

相性悪い天秋凡走組が多く、菊からの2頭もいまいち強調材料に欠く。それなら別路線中心に組み立ててみました。かつ牝馬が相性良かったレースなのでその辺りを吟味して。

◎はメイショウサムソン。秋天1人気1着かつ当日1人気ステップ。1人気で結果出して当日1人気は超安定するステップで、特に非の打ち所無く、単勝1倍台でも◎打たないわけにいかない。

○はドリームパスポート。休み明け。休み明けは珍しいローテで、近年の圏内入りは昨年のディープが凱旋門賞から1着しただけ。この馬が普通の馬だったら見送り妥当だが、同馬は何度もデータブレイクしてきたタイプで個体的にディープ並に特殊だと考える。負けるのが普通だが、勝たれても何も言い訳できないだけに。サムソン、ウォッカに先着できるとしたら同馬だと思う。

▲はフサイチパンドラ。エリ女好走ステップ。前走ダイワスカーレットに0.1差まで詰め寄ったのに、現時点で12人気の人気急落。そもそも同馬は非根幹より根幹、緩いレースよりタフなレースの方が得意で、人気落ちの2400mアップ質という設定はこれ以上無い舞台。

△1頭目はインティライミ。相性の良い京都大賞典支持好走ステップ。とにかく2走前に1着とってリズムの流れを変えれたことがプラス。ただ現時点で3番人気ということで少しだけいちゃもんつけさせてもらうと、京都大賞典から当日圏内入りした2頭は前走コーナー2番手で競馬していたのに対し、同馬は近2走差し切り勝ちで、しかもあまりに切れ過ぎていることが若干の不安材料。

もう1頭の△はウォッカ。勝つか負けるかだと思うので当日の気配次第なんだが、エリ女回避で、最終追い切り早すぎる時計出したという流れが不安。当日馬体重大幅増減に注意したい。

以上

スポンサーサイト
[ 2007/11/24 17:50 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/313-1cc59cd5






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。