スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジャパンカップダート【2007】 結論 

ジャパンカップダート GⅠ 東京ダ2100m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎ワイルドワンダー
○ドラゴンファイヤー
▲ヴァーミリアン
△ワンダースピード
△外国馬の人気無い馬

◎はワイルドワンダー。武蔵野S好走ステップで今年掲示板はずしていない安定したタイプの人気落ち。距離経験が1800mまでだが、中央GⅠ初の鮮度があるので、カバー可能。東京ダート【3-1-0-0】と相性いいし岩田替わりも良い。

○はドラゴンファイヤー。極上リズムのシリウスS好走組。生涯掲示板外していない優等生タイプでGⅠ初の鮮度もある。シリウスSは近年出走例無いが武蔵野Sの成績悪くないのでデータブレイクを期待。東京ダートは【2-0-0-0】で相性良くその2戦全て0.3差圧勝なので問題ないだろう。

▲はヴァーミリアン。JBCクラシック好走組。JBCクラシック好走組のデフォルトは前走1人気かつ今走も1人気という条件だが、同馬の場合前走2人気勝ちなので微妙にズレること、そしてGⅠ挑戦が既に2回ということから3番手評価。

△はワンダースピード。OP好走ステップ。OP好走ステップは近年例が無いが、凡走ステップが割と人気より走れているので、ステップ的には悪くないハズ。3着なら。

もう1頭の△は外国馬。外国馬は人気薄から入るのが常套なので、キャンディデートかジャックサリヴァンの予定だが、いかんせん情報少ないので、どっちも抑えるかも。

以上

スポンサーサイト
[ 2007/11/23 14:19 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/312-c6068dec






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。