スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジャパンカップダート【2007】 型分析 

ジャパンカップダート GⅠ 東京ダ2100m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

JCD07型


※ペースは前半1100mと後半3F
※上がりは勝ち馬の上がり
※鮮度は中央GⅠ挑戦回数
※2002年は中山施行のため除外

【ジャパンカップダートのデフォルト】

①鮮度が無いと勝ちきれなく、近6年の1着馬は何れも中央GⅠ挑戦回数1or0という鮮度を持っている。

②前走1人気で今走も1人気だった馬はここ6年で【2-3-0-1】とかなり堅実に走る。

③前走4人気以内に支持された馬が連対条件。

④基本リズム優位なレースで、凡走巻き返しで連対したのは前走4人気以内のGⅠステップ馬のみ。

⑤後ろ過ぎる馬は届かない。ただ逃げも良くなくコーナー1番手から押し切ったのはクロフネのみ。好位からレース進められる馬が安定。

以上

スポンサーサイト
[ 2007/11/21 20:35 ] 型分析 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/306-fb431302






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。