スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エリザベス女王杯【2007】 結論 

エリザベス女王杯 GⅠ 京都芝2200m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎アサヒライジング
○スイープトウショウ
▲ダイワスカーレット
△ディアチャンス

◎はアサヒライジング。2戦連続連対中で勢いがあり、安定した先行力持つ府中牝馬S好走ステップ。前走府中牝馬を2番手から好走できたことがかなりのプラス材料。他に行く馬がパンドラくらいしか居ないので恐らく鼻切れるだろうし、ミドルペース~ハイペースでも最後粘れるタイプで、ダイワの前走考えればスローに落とすことは考えにくい。ダイワ潰し=スロー潰しできるかはこの馬次第。

○はスイープトウショウ。前走スワンSで別路線組。前走別路線重賞組はこれまで5~8人気と中位人気での出走が多く、3人気以内支持での出走は異例、かつ型的にここ7年で1番良く、府中S組がイマイチなことから、別路線からの台頭を狙う。加えてウオッカの回避で相性良い2番人気取れたのも同馬に流れが向いている。1400→2200への大幅延長だが、鮮度的な魅力が無い分、この距離変更は活性化させる意味でプラスなのでは。

▲はダイワスカーレット。先行タイプの秋華好走馬。特にコメント無い。スローになれば同馬が1着だろう。ウォッカの回避という事態が、2人気とったスイープに向くのか、それとも少数頭得意の同馬に向くかの駆け引きだと思う。

△はディアチャンス。前走札幌記念で別路線組。○と同じ理由で評価。ただ人気馬が比較的無難に走るレースだし、格が重要なレースでもあることから4番手評価。エリ女じゃなければ○打ってた。今秋は札幌記念2着馬が秋天2着し、3着馬もOPで1人気1着、5着馬もGⅡ2着、7着馬もGⅡ1着と、とにかく札幌記念使った馬のその後の活躍が目立つ。だったら4着の同馬にも頑張ってもらわないと…。古馬GⅠ初の鮮度と中穴の横山なら。

とりあえず印は上記4頭まで。
ただ配当的につまらなく、3複or単狙うことになれば、☆としてデアリングとタイキマドレーヌを少し押さえるかも。

以上 先生ちゃんとミドル~ハイに持ち込んでください…

スポンサーサイト
[ 2007/11/11 11:08 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/300-9ca3e4cf






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。