スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

福島記念【2007】 結論 

福島記念 GⅢ 福島芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧
◎アルコセニョーラ
○タマモサポート
▲マイハッピークロス
△トウカイワイルド
△サンバレンティン

◎はアルコセニョーラ。秋華賞ステップは多分初でデータブレイクを期待。もともと上がりの掛かるレースの方が得意で福島も2戦2連対の好相性。前走は軽すぎるレースかつ後ろからだったので度外視。もともと変われるタイプで過去2桁着順から2度巻き返しを見せている。斤量減の内枠C系という条件も揃ったし、中館得意の福島の舞台で前に行く位置取り掛けれれば。馬体は少し絞りたい。

○はタマモサポート。オールカマー凡走ステップ。GⅡ凡走は相性悪いが、近年主流の前走4人気以内の馬がこの馬しかない。休み明けから2戦リズム崩しているが、福島で連対する前は必ず負けているし、GⅡ→GⅢへとダウンするのも過去2連対時と似ている。ハンデも見込まれ、55キロで競馬出来るのも良い。

▲はマイハッピークロス。近年相性の良い準OP好走ステップ。前走9番人気だし、ここ2戦の1着はいずれも少頭数レースでの勝利なので多少気になるが、初重賞の鮮度良いし、上がりの掛かる2000mで好走しているのでカバーできるはず。

△はトウカイワイルド。前走OP好走ステップ。前走OP好走は過去1番人気しか圏内入りしていないが、特に危険要素も無いし、休養挟んでリズム戻せたのは良い。出来れば内枠欲しかったところだが。

もう1頭の△はサンバレンティン。いわずと知れた福島巧者。前走札幌記念見せ場無かったが、福島1着時は何れもその前走は負けている。ただ1秒以上負けて福島に臨むのは初だし、鮮度的に巻き返せるか微妙なところだと思うのでこの評価まで。

スポンサーサイト
[ 2007/11/09 20:44 ] 結論 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/299-57241f01


シンクタンク競馬NET

○ 元JRA調教師 境勝太郎       ○ 元JRA調教師 柳田次男     ○ 元JRA騎手 安田富男    ○ 元JRA調教師 古山良司この強力な人脈こそが 本当のインサイダー情報の 動かぬ証拠です!!! ■■ シンクタンク競馬NET ■■ 【無料情報提供中】★☆穴男
[2007/11/10 09:00] URL 競馬情報局




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。