スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アルゼンチン共和国杯【2007】 結果と言い分け的回顧 

アルゼンチン共和国杯 GⅡ ハンデ 東京芝2500m

1着 △アドマイヤジュピタ
2着 △トウカイトリック
3着 …リキアイサイレンス

4着 ○ダンスアジョイ

12着 ◎ダークメッセージ

14着 ▲トウショウナイト

\"アルゼンチン07結果\"


【言い訳的回顧】

△2頭で馬連60倍なら悪くはないが、◎○が凡走しパッとしない結果。先ず先週の秋天もそうだったが外が伸びず、1~3着までは内目を走った馬。差し馬は内差ししか間に合わず、外からヤマニンが伸びかけるが最後は足が止まる。◎ダークメッセージは直線スムーズさを欠いたが、終始外を走らされて物理的に厳しかった。そしてもう1つは体重がおかしい馬が多かった。◎のダークは休み明けにマイナス8で、前走はプラス12の今回マイナス12。また○だったダンスアジョイもマイナス18と大幅減で、それで4着に追い込んだのだから、個体的に調子が良ければもっとやれただろう。内差ししたこともあって、次走は反動がきつそう。▲のトウショウは3番人気まで上がったのでもう少しやれるかと思ったが見せ場なく14着。先行勢の中では最下位なので、間隔あけるなりショック入れるなりしてリフレッシュさせないと狙えないだろう。

今年の特徴は「GⅡステップ」の圏内入りが無かったこと。相性悪いオールカマー組が絡まなかったのは良いとして、京都大賞典組も全滅した。人気指数から見ると「7.5」という数字は過去7年で2番目に悪く、人気指数7.0overだった04年、05年は占有率の高さでカバーしていた。来年以降のためにも、GⅡステップは人気型にはあまり左右されず、人気指数と占有率に依存することを確認しておきたい。相対的に有利と踏んだのが準OPステップだったが、結果はリキアイサイレンスの3着1頭絡み。かつ前走東京人気薄勝ちからの3着というパターンは、近年のデータには無い。単純に考えればサンデーの初重賞、かつ内枠斤量減というC系狙う際の基本要素か。またアドマイヤジュピタも人気で評価下げたが型的には近年1番良いことに加え、人気薄で3着が多く、02年1着馬が3人気だったことを考えると、むしろ人気支持は勝ちきるための要素なのでは?

【来年への課題】

・GⅡは当日の人気指数に注目。
・1000万ステップで当日人気支持は懸念材料にはならない。
・準OPステップもう少し精査したい。

以上
スポンサーサイト
[ 2007/11/07 19:43 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/294-3f17966f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。