スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

菊花賞【2007】 結論 

菊花賞 GⅠ 京都芝3000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎ホクトスルタン
○デュオトーン
▲マンハッタンスカイ
△アルナスライン
△ロックドゥカンプ

◎はホクトスルタン。夏場使われて2前に支持好走、前走神戸チョイ負けパターン。説明要らないだろうが、マンハッタン、ヒシミラクルの激走パターンで鞍上も心強いノリ。むしろ条件嵌まり過ぎてて怖いくらい。ただ不安要素無いわけではなく、マンハッタン、ヒシミラクルは脚質的に自在性あって当日位置取りかけたが、同馬は本質的に逃げ。前走逃げられなかったので逃げたら一応位置取りショックにはなるのだが、もう少し脚質的に幅が欲しかったところ。

○はデュオトーン。長距離中心の1000万条件ステップ。前走1人気から現時点9人気までの急落はデルタブルースを彷彿させる。もう少し前目の脚質なら尚良かったがそれを差し引いても魅力的。

▲はマンハッタンスカイ。夏場使われての前走神戸負けパターン。2走前7着に負けているが重馬場だったので度外視すれば3前は支持好走。前走後ろで見せ場無かったのも今回先行するための布石とすれば怖い。小牧が思い切って乗ってくれれば良いのだが。

△はアルナスライン。京都大賞典好走ステップ。近年データ無く別路線の鮮度怖い。ただ近走少数頭のレース続きなので4番手まで。もう1頭の△はロックドゥカンプ。1人気相性悪いのでここまで下げたが、全勝馬ならディープのように乗り越えられるか。

相手難しいので単勝多点買いが正攻法だと思うが…。

スポンサーサイト
[ 2007/10/20 14:03 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/288-d6caa7c7






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。