スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

富士S【2007】 結論 

富士S GⅢ 東京芝1600m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎コイウタ
○マイケルバローズ
▲トウショウカレッジ
△エアシェイディ
△スウィフトカレント

難解ですね…

◎はコイウタ。前走は後ろからの馬が全滅した特殊馬場だったので度外視して改めて期待。実際東京マイルはベストだし、スプリンターズ凡走ステップは近年データ無く、データブレイクの可能性は十分。更に近年35.0-34秒台という流れになり、速い上がりの差し馬が好走していることから、その条件に限りなく近いヴィクトリアMで1着したのは心強い。

○はマイケルバローズ。2前好走、前走追い込んで届かずの京成杯ステップ。ここ3戦均衡気味だが常に速い上がり出しているので状態は悪くない。東京コースも相性良く後ろが届く流れなら。ただ前半緩みすぎると切れ負けする可能性があるのである程度ペースは締まった方が良い。

▲はトウショウカレッジ。OP凡走ステップ。OPステップからは前走勝って勢いあった方が良く、3人気9着は負けすぎな気もするが、2走前の米子がかなりハードな競馬だったので、その反動と見れば0.9差負けで疲労抜いたのは悪くない。重賞2戦目で鮮度あるし、初重賞のエプソムCでアップ適正見せているのも+だし、ある程度締まって上がりチョイ早の米子で好走しているのも富士Sの流れに合う。

△はエアシェイディ。休み明け。量が豊富なまとまりタイプなので休み明けも苦にしない。ただ今年に入って1着歴無いので頭はどうか。本当は凡走後のマイルCSとかで狙いたいが。もう1頭の△はスウィフトカレント。短縮でマイルが生涯初のサンデー。重賞回数の鮮度は無いが、距離的な鮮度は特に短距離で重要な要素だと思うので。

※休み明けが人気平均10overするようなら、エアに代わってシンボリグラン入れるかもしれません。

以上
スポンサーサイト
[ 2007/10/19 19:04 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/287-592bb2ea






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。