スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

富士S【2007】 ローテ分析 

富士S GⅢ 東京芝1600m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

富士07ローテ


上は過去5年の京都大賞典のステップ別成績です。これをもとに解析します。

①前走GⅡ組

サンプル少ないが全馬前走は凡走からのステップ。圏内1頭は当日2人気なので凡走馬の期待値は低く、特に毎日王冠経由は当日1、4、5人気に対し【0-0-0-3】と相性が悪い。3頭とも距離ピークがマイル付近にある馬だった。当日連対したのは昨年のエアシェイディでオールカマー経由。オールカマー組は【0-1-0-2】だが、圏外2頭が当日2桁人気なので人気馬なら押さえが必要か。エアは2前指示好走で前走1人気5着と軽く疲労を抜く過程。かつ前走先行して当日差しに回る位置取り。

②前走GⅢ組

最も多いのが京成杯なのでここから。好走は【2-0-0-5】の成績。勝った2頭は2前関屋記念→前走好走というステップで、前走は57キロ以上のハンデで好走し今回斤量減だった。前走そこそこの競馬をした実力馬が無難に走るという感じ。逆に前走軽ハンデ好走組や斤量増の馬は良くない。次に凡走は【1-0-1-6】の成績。圏内2頭の当日人気は1、2人気なので期待値は低い。2頭に共通するのは2前好走(うち1頭は休み明けだが)し、前走差し寄りの脚質で軽く凡走、当日直線延びて差して好走というパターン。中山開幕週で差し損ねの馬を狙うのがベストで、逆に前走先行して負けた馬はたとえ支持凡走でも相性悪い。関屋記念凡走から巻き返して3着した1頭も前走は差し損ね。

型を見てもわかるとおり、このレースは比較的後ろからの馬が届きやすいので、凡走ステップからだったら前走差し損ねというのが一つの鍵になりそう。

③前走OP組

3頭とも阪神マイルから。連対したのは古馬重賞初の鮮度持ち。ある程度厳しいペースを先行したタイプの方が良いしOPからなら勢いが必要なので前走は勝ってる方が良い。一方凡走から巻き返したのも1頭いるが、当日1番人気だったので例外的に捉えたい。

④前走準OP組

圏内率100%で優秀だが、当日の人気が1、2人気という。一応見てみると、2頭とも前走1人気1着0.2差以上で勝って勢いがあり、2前に重賞掲示板入りしている点が特徴。ただOPステップの重賞初の鮮度馬が軽内入りしているように、格実績無くてもリズム良ければ対応できそうな感じではある。

⑤休み明け

圏内4頭の当日人気は2、4、4、6。圏外が多いのであまり良い数字でも無い。01年~04年は圏内1頭コンスタントに出していたが、ここ2年は人気平均10点overと不甲斐ない結果に。人気平均10点が一つのボーダーになりそう。

圏内4頭中2頭が3歳馬で、2頭共クラシック経験馬。それ以外の2頭はその年に重賞1着歴保有。そして4頭共当日は後ろからの競馬をしている。危険なのは常に先行するタイプで息が保たない場合が多い。

以上
スポンサーサイト
[ 2007/10/16 14:54 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/283-513d7093






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。