スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

秋華賞【2007】 結論 

秋華賞 GⅠ 京都芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎ベッラレイア
○ダイワスカーレット
▲ミンティエアー
△ウォッカ
△ローブデコルテ

◎はベッラレイア。ローズS好走かつ当日3人気以内。圏外だったのは近6年でレクレドールとアドマイヤキッスの2頭のみというステップで、負けた2頭は追い込み寄りの脚質で、当日も10番手以降から競馬して負けたように後ろ一辺倒の馬だと危うさが残る。なので鞍上武豊という点が若干心配ではあるが、前走内突く競馬で強さ見せているだけに、武お得意の後方待機は考えにくい。オークス自力で動いて2着粘っただけに強気にいけばやれる。ただ現時点で1番人気は頂けない。

○はダイワスカーレット。同上。スローの上がり勝負になればこの馬の右に出るものは居ないだろうが、厳しいペースになれば危うさも残る。ので、どっちにも対応出来そうなベッラを◎にしてダイワを○評価。

▲はミンティエアー。前走1人気からの人気急落。もともと軽い上がりが要求されるレースで強くタキオンにしてはアップ適正もあり、今回の京都2000mはベストの舞台。

△2頭は休み明けに印。昨年は2頭絡みしたがもともと相性は良くないステップだった。厳しいペースになれば昨年のように台頭期待。

以上
スポンサーサイト
[ 2007/10/13 14:05 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/279-42924ebf






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。