スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

府中牝馬S【2007】 ローテ分析 

府中牝馬S GⅢ 東京芝1800m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

府中牝馬07ローテ


上は過去5年の京都大賞典のステップ別成績です。これをもとに解析します。

■前走GⅡステップ■

サンプル少ないが、唯一圏内入りした馬も当日1人気3着と人気を裏切っているので総じて不振。特に札幌記念組は対応出来ていないので、当日中位人気でも疑ってかかる必要があるだろう。

■前走GⅢステップ■

先ず主流路線のクイーンSから。好走は【2-0-0-4】で、圏内2頭の当日人気は2、5人気。圏外4頭の当日人気は1~3人気なので期待値は低い。圏内2頭に共通するのは前走5人気以内で1着、また脚質は先行タイプで2頭ともコーナー1番手からの押し切り。また2頭の2走前は6月(エプソム)と7月(OP)で先行して掲示板入り。一方圏外4頭を見ると相性悪いのは、マーメイド→クイーン→今走と疲労的に危うい馬、差し脚質の馬の2点。疲労的に問題なく、先行して安定しているタイプならという感じだろう。続いて凡走は【0-1-0-10】であまり出番が無い。唯一圏内入りした1頭も当日2番人気の馬なので期待値が低く、中位人気の馬の巻き返しは期待しにくい。

期待値低いクイーンSに比べ、2000m重賞好走組は相性が良く【1-2-0-0】とここ5年では連体率100%の成績を残している。ただしこちらも期待値は低く1、3、4人気。ただ安定力があるので軸としては良い。3頭ともここ2戦掲示板入り(うち2頭は圏内入り)とリズムは良い。3サンプル中2頭は前走新潟記念で2前も2000m以上と中距離中心に使われて来た馬。脚質は追い込みタイプで一見ストレス心配だが、短縮の影響もあろうか勢いで走ってしまうケースが多い。もう1サンプルは小倉記念経由でこちらは前走逃げて連対のバウンド短縮。こちらも一見ストレス心配だが乗り越えている。上で見たようにクイーンSからは疲労の影響に注意が必要だが、2000mからのステップだと一見ストレス心配な人気馬が走ってしまうのでその辺の違いには注意したい。

他の圏内2サンプルは軽く。先ず1頭は北九州記念凡走で当日1人気3着。やっぱ1800m組はあまり狙いたくない。もう1頭は関屋記念凡走からの巻き返し。2前2000m重賞で連対、前走で疲労を抜いて当日バウンド延長で巻き返すというパターン。

以下は簡単に

■前走OP■

一番面白いのはここではないだろうか。凡走は出番無いものの好走は【1-0-0-1】の成績。ただ圏外1頭は10番人気4着だし悪くない。2頭に共通するのは前走阪神のマイルを差して好走。また近3走内に1800m以上の距離経験があった。

■前走準OP/1000万以下■

相性は悪い。好走に限っても【0-0-1-8】。あまり手は出したくない。

■休み明け■

圏内4頭は全て当日5人気以内。4頭ともGⅠ連対実績があり、特に4頭中3頭がオークス連対。残り1頭もエリ女連対。

以上
スポンサーサイト
[ 2007/10/12 17:21 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/277-d2e3b5d6






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。