スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都大賞典【2007】 結論 

京都大賞典 GⅡ 京都芝2400m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧
◎トウショウナイト
○ポップロック
▲ファストタテヤマ
△インティライミ
☆アルナスライン

◎はトウショウナイト。休養前GⅠ掲示板タイプ。このステップは当日人気支持されるようなら安定し、同ステップで現1人気のポップロックを上位に置きたいところだが、ポップロックは1度も33秒台の末脚使ったことが無く、少し上がりの要求されるある程度タフなレースの方が合う。それなら昨年の京都大賞典で5人気3着したトウショウナイトの方がここは合いそう。

○はポップロック。33秒台決着適正不明だがステップ的には悪くない。父エリシオで量はあると思うので気分良く走らせればそれなりに対応出来そう。雨が降ったり、流れが早くなるようであれば尚有利。

▲はファストタテヤマ。昨年と比べて2走前のリズムが悪いので評価を落とそうと考えたが、他に良い馬が居ないので繰り上がりで○評価。2前1着というカードは今年保有していないが、その変わり3走前でGⅠ掲示板というカードを手に入れたので走れないことは無いはず。ただ現段階で3番人気とは…。

△はインティライミ。前走朝日杯組は特に相性の良いステップでは無いし、-10キロでの差し切り勝ちで疲労も心配だが、それより1人気1着を2年ぶりに手にしてリズム取り戻した方が大きい。調子戻して、他に行く馬が居なくこの馬が逃げてレースを作れば、あっさり勝たれても何の不思議も無く。

穴で☆アルナスライン。ステップ的に前例無いものの、父アドマイヤベガでアップ適正あるし、前走のすみれSの少数頭33秒台勝ちというのはいかにも京都大賞典のイメージに合う。人気無ければ1発期待。

----------------------------------

他の馬に一言

デルタ:京都勝ちは菊のみ。他は全て人気>着順で
マキハタ:京都2400mで2回穴を出しているが休養前のリズム悪い
ハイアー:1番怖いが流石にここは静観したい
ダンス:このステップの休み明けで走った馬いないので
スクールボーイ:強調材料に欠く
スポンサーサイト
[ 2007/10/06 13:08 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/271-508d3acc






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。