スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都大賞典【2007】 ローテ分析 

京都大賞典 GⅡ 京都芝2400m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

京都大07ローテ


上は過去5年の京都大賞典のステップ別成績です。これをもとに解析します。

■休み明け■

成績秀逸。1着は全てこのステップから。ただしほとんどが実力馬で、1、2番人気以外で圏内入りしたのは03年3着のダンツランニングと(7人気)、04年1着のナリタセンチュリー(5人気)の2頭のみ。当日1番人気、2番人気に支持された休み明けステップ馬は【4-3-0-1】とかなり安定する。ちなみに圏外だった1頭は昨年のインティライミで休養前は阪神大賞典8着。5人気だったナリタを含め、連対8頭は休養前がGⅠで掲示板確保だったので、休養前にリズム崩しているようだと人気でも多少危うさも残る。

■前走GⅡステップ■

札幌記念とオールカマー。ここ2年は札幌記念から圏内入り馬が出ている。先ず札幌記念【0-1-1-1】から。

一見成績良いものの、圏内2サンプルは共にファストタテヤマ。言わずと知れた京都巧者なのであまりステップの参考にはならないかも。ただリズム崩し過ぎている馬はイマイチで、タテヤマの場合は2前に1着があるか、前走圏内入りしていた。加えてバウンド延長の形。このようなタイプには注意したい。

次にオールカマー。成績は【0-1-0-5】といまいち。連対1頭は、2前に札幌記念を低人気で圏内入りし、オールカマーで支持凡走し、今回人気落ちというパターン。オールカマーで3人気以内に支持されていたのはこの馬だけなので、単純に支持凡走人気落ちは抑えるというスタンスでも良いかも。こちらも京都コース実績あれば尚良い。

■前走GⅢステップ■

好走ステップも多いが3着止まり。圏内2頭も何らかの強調点欲しく、1頭はタップダンスで格が違うし、もう1頭は4戦連続1人気で前走初古馬混合重賞で1人気2着のレニングラード。2頭共重賞の常連では無かったという点には注意したい。逆に凡走ステップは良くなく、特に朝日杯凡走ステップは2、4人気も負けているので嫌いたいところ。

■前走OPステップ■

サンプル少ないが、別路線になりやすく夏場の疲労少ないという点で、前走好走馬は3サンプル中全頭人気よりは走っている(ちなみに全馬札幌日経OP)。圏内入りした1頭は前走支持好走で0.7差圧勝。ストレス残さない形なら多少は。

■前走準OP以下■

サンプル少なく割愛。

■まとめ■
  • 休養前GⅠ掲示板の実力タイプが当日2人気以内なら安定
  • 休養前GⅠ掲示板の実力タイプが当日3人気以降は京都適正
  • 休養前GⅠ以外レースでリズム崩れは当日人気でも若干危うい
  • 札幌記念はリズム崩して居ない京都巧者(バウンドの形なら+α)
  • オールカマーは支持凡走
  • GⅢは強調点あって3着止まりとステップ的には良くない
  • OPは支持好走や圧勝などストレス残さない形なら
    スポンサーサイト
    [ 2007/10/01 21:39 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/265-db3c5dac






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。