スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

有馬記念 結果と言い訳みたいな回顧 

有馬記念 GⅠ 3歳以上混合定量 中山芝2500m

1着 …ハーツクライ
2着 ◎ディープインパクト
3着 …リンカーン

9着 △デルタブルース

11着 ○デルタブルース
12着 ▲タップダンスシチー
14着 △オペラシチー

これは回顧の仕様が無いです。

スローだから瞬発系のサンデーが独占というのも考えられなくはないし、前に行く位置取りが嵌ったからと言えなくも無いし、前残り気味な馬場で外から追い込んだディープ負けて尚強し的なことも言えなくもない。

でも…なんか昔そこそこ世間を賑わせたサンデーの年長組みがディープを虐めているような着順になってしまいましたね。

今年のGⅠの穴は「鮮度」で全て語れるくらいトレンドだったわけですが、この結果はM使ってる人には何を使っても論理的な説明がつかないわけです。ディープがいつも通り飛んでいる走りを見せて1着ならまだしも、2着に負けてしまったわけだから余計腑に落ちない結果となってしまいました。

ハーツクライ、リンカーンが来年のGⅠ占めまくったらどうしようと、そんな恐ろしいことすら髣髴させてしまうような50回有馬記念でした。それはないだろうけど…。
スポンサーサイト
[ 2005/12/26 01:54 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/26-4a74b01b






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。