スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

セントライト記念【2007】 結論 

セントライト記念 GⅡ 芝2200m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎シグナリオ
○メイショウレガーロ
▲サンワードブル
△マイネルグラナーテ
△ロックドゥカンプ

◎はシグナリオ。中距離中心の1000万支持好走ステップ。4戦全て2000mで硬くなっていないかという点と、少し切れすぎるとので上がり35秒台デフォルトの当レースと少しズレル点がやや心配なものの、デビューから凡走無しエリートタイプのC系で、昨年もテンシノゴールドやトーセンシャナオーがいい競馬見せたので近年の流れ的に今年もC系台頭を狙う。出来れば内枠に入りたかったが。

○はメイショウレガーロ。休み明け。今年は休み明け3頭のうち好走の目安である「GⅡ連対実績」を保有している馬がおらず、唯一この馬だけGⅢ連対実績を保有している。ゴールデンダリアはそこそこ人気になるだろうし、マイネルは格的に微妙なので残ったこの馬を。ノリなので中位人気欲しい。◎が+体重ならこっちを上に。

▲はサンワードブル。距離的な不安も無い1000万支持好走ステップ。ただアグネスタキオンなのでアップのレース質不安だが、中山2200mはL合うハズだし、外枠に入ったのも+。妙味から同じタキオンでもガルヴァニックよりこちらを上に。

△はマイネルグラナーテ。500万支持好走ステップ。他に4頭同ステップがいるが、過去「500万条件→セントライト好走」の条件クリアしているのは同馬のみ。前走1人気からの人気落ち期待。母父マルゼンスキーなのでアップ質のレースは合うはず。ただもともと相性悪いステップなのでこの評価。

もう1頭の△はロックドゥカンプ。3戦全て支持1着と実績は抜けている。阪神、中京、福島で勝っているのでS系の連荘期のような感じか。ラジオ好走ステップは当日レースがタフになることが要求されるので、L質いレースになれば多少の危うさも?
スポンサーサイト
[ 2007/09/14 17:06 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/258-8083832f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。