スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

札幌記念【2007】 結論 

札幌記念 GⅡ 札幌芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

◎マツリダゴッホ
○ディアチャンス
▲フサイチパンドラ
△アドマイヤフジ

◎はマツリダゴッホ。休み明けになるが、人気馬の休み明けは比較的安定するし、天春惨敗からのリズムリセットできるので良い。また札幌は【2-0-0-1】と自身相性良いので。

○はディアチャンス。2週目が中止になりクイーンS組は連闘という特殊性は無くなったものの、昨年よりリズム悪く斬ったが前走3着だったので状態は昨年よりよさそう。ただ前走大幅減での激走だけに、反動が怖く体重には注意したい。バウンド延長、かつ前に行けば位置取りに期待。

▲はフサイチパンドラ。こちらも○と同様クイーンS組。多分個体的には○より内枠の根幹延長は合う。体重は少し絞りたい。

△はアドマイヤフジ。函館記念凡走組は無視というのがデフォルトだが、過去巻き返し条件4項目のうち3つをクリアしているのは同馬だけ。本当はもう少し人気落ちてほしい。

残り1頭はサイレントプライド(準OP相性悪い)、ファストタテヤマ(今期ダンムー産駒の好走目立つが大外)のどっちか。

◎の信頼性不明なので印つけたBOXでいくかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2007/09/01 23:21 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/246-d42ba5b0






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。