スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

札幌競馬攻略!【ダート1700m】その弐 

2007年 札幌競馬 攻略シリーズ

対象:札幌ダート1700m その弐
集計:1回札幌1日目-2日目
サンプル数:8

ダート1700m


【個別レースの分析と狙い-後編】

⑤バウンド系1、支持好走0、支持凡走2のレース質

1着:同距離、支持凡走
2着:同距離、凡走
3着:同距離、凡走

支持凡で2人気の馬が1着。2着はあまり強調材料無い3人気馬。人気よりもいい競馬してきた経験を買うしかないか。3着はリズム馬。

他の支持凡走馬…8着(1人気)
同じ支持凡だったら負けすぎていない方や函館実績ある方を上に評価したい。

バウンド系の馬…7着(7人気)
ダート1700mはバウンド短縮決まらない。よほど強調点無いと厳しい。

レース質がしょぼいとき
リズム馬に注目すると良い。もう1頭リズム馬いるが9着。着差詰めているタイプの方が良い。

⑥バウンド系0、支持好走0、支持凡走3のレース質

1着:同距離、凡走
2着:同距離、支持凡走
3着:同距離、リズム馬

2人気の馬が4馬身差の1着。5人気5着の同距離だがダート2戦目でリズム取り戻した馬だった。3人気2着の馬はダ芝ショックで支持凡走という例のタイプ。9人気の馬が3着。レース質しょぼい時のリズム馬。

他の支持凡走馬…4着(1人気)、5着(6人気)
1人気で4着に負けた馬は、ここ3戦安定タイプの1人気馬。この手のタイプだと不安が残る。1人気が崩れるとしたらここか。

⑦バウンド系0、支持好走0、支持凡走2のレース質

1着:ダ芝、支持凡走。
2着:延長、凡走。
3着:同距離、凡走。

芝→ダートで前走支持凡走という例のタイプが1人気1着。2着は6人気の馬で前走は4人気12着と支持凡走に近い形。Aタキオンの子で、揉まれない外枠と少数頭がプラスに働いた感じ。3着は2人気の馬で前走4人気4着と無難なタイプ。リズム馬では無いがここ2走着差詰めてきたタイプなのでリズム自体は悪くなかった。

他の支持凡走馬…5着(4人気)
スタートに不安あるタイプでここ数戦スタートしてから後手に回ることが多かった。支持凡走から軸選ぶなら、位置取りに注意したい。

他の人気馬…7着(3人気)
リズム馬に該当するがスタートに不安があるタイプ。レース質が平凡な場合、リズム馬に注目するのは良いがスタートに不安あるリズム馬だったら、それよりも着差詰めて来たタイプや4人気4着など無難なタイプも狙いたい。

⑧バウンド系0、支持好走1、支持凡走0のレース質

1着:同距離、凡走
2着:同距離、凡走
3着:ダ芝、凡走

1着は7人気の馬。前走8人気8着と特に強調材料が無いタイプで難しい。2着は3人気の馬。こちらはリズム馬で前走5人気4着。これだけレース質が弱い場合は相対的にリズム馬が優位。3着は5人気の馬。芝→ダートで前走支持凡走タイプでは無いが、2前にダートを3着に好走しているので狙い易い。

支持好走馬…12着(10着)
支持好走といっても前走は地方競馬なのであまり関係ない。

他の人気馬…4着(1人気)、7着(2人気)
先ず1人気の馬はここ2戦3着の安定タイプ。何度も見たようにこの手の1人気は信頼置けない。2人気の馬はリズム馬で前走は7人気5着。狙いたい場面だが1700m以上で1秒以上離されているので、それならもう1頭のリズム馬の方を狙いたい。

-------------------------------------------
【札幌ダ1700mのまとめ】1日目~2日目

  • 短縮や延長は決まりにくい。同距離or芝→ダートが狙い目
  • 芝→ダートは特に支持凡走馬なら安定する
  • 支持好走、支持凡走は安定
  • ただしレース質が弱い時は、リズム馬にも出番がある
  • リズム馬でスタートで後手踏む心配がある時は、着差詰めた馬や無難に掲示板入りした馬などにもチャンスがある
  • ここ数戦圏内入りしているような一見無難な1人気馬は実は危険
    スポンサーサイト
    [ 2007/08/16 22:08 ] 札幌競馬 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/245-3732f7fe






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。