スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

札幌記念【2007】 ローテ分析 

札幌記念 GⅡ 札幌芝2000m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

札幌記念07ローテ


・上は過去6年の札幌記念のローテ別成績です。
・昨年のローテ分析内容はこちら

【今年の修正点】

①どうするクイーンS組

クイーンSからの連闘組は、出てくれば必ず1頭圏内に入るので厄介。しかもここ2年は前走クイーンS好走組が連対しているので、今年該当するディアチャンスには注意したいところ。一方クイーンS凡走して当日巻き返したのはノブレスオブリッジの3着が唯一なので期待値的にはあまり良くない。ノブレスは当日先行して位置取りかけたように、前走さほど負けておらず先行できそうなタイプならまだ狙える余地がある。一方負けすぎてリズム悪い馬(ダンムー)や、後ろ一辺倒の馬(チアフル)だと特に手を出す必要はないと思われる。

②函館記念凡走組は無視!

昨年手を出しすぎて失敗したところ。過去には函館記念凡走ステップ馬が中~低人気で穴をあけていたが、ここ3年は10頭走って圏内ゼロなので、過度に穴に期待するのは禁物。

③どうするエリモハリアー

北海道といえばこの馬エリモハリアー。函館記念を2年連続勝利し、故障明けの今年の巴賞で凡走し、もう終わったかと思わせておいての函館記念3連覇。函館記念に関しては素晴らしい成績をおさめているが、札幌記念になると過去2年人気より着順を下げている。加えて函館記念を低人気で買った馬もデータ的によくない。当日1番人気に支持されるようなら抑えも必要だが、無難な人気で手を出すのは危険か。

以上
スポンサーサイト
[ 2007/08/15 16:59 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/240-7ef27d44






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。