スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クイーンS【2007】 結果と言い訳的回顧 

クイーンS GⅢ 札幌芝1800m 自信度★★★

1着 △アサヒライジング
2着 ◎イクスキューズ
3着 …ディアチャンス

4着 ▲アドマイヤキッス

8着 ○ヤマニンメルベイユ

クイーンS07結果


上は今年のクイーンSの結果です。これを参考に反省を加え、来年への課題を探りたいと思います。

【ローテに関する反省】

1着アサヒライジングはGⅠ好走ステップ。05年にデアリングハートがNHKマイルを好走して臨んだが1人気4着だった。デアリングは1600より長い距離経験無しだったがアサヒライジングは持っていた。また年明け5戦消化で内GⅠ圏内入りが2回と疲労もあったかも。好走馬の取捨選択は距離ピークと疲労に注意したい。

GⅢステップは、昨年と異なり今年は好走ステップが走り、リズム優位となった。一つにはスローペースの恩恵で疲労が出にくかったこと、もう1つはマーメイド経由が1頭しか居らず、非主流路線になったことが考えられる。来年もこの傾向が続くかどうかは不明。ただしマーメイドが非主流化した時の好走人気落ちには注意したい。

休み明けで狙った○ヤマニンメルベイユは8着。位置どりは悪くなかっただけに力不足だったか。上がりが速かったのもマイナスだった。

今年はハイペース必至と読んだら逆にスローペース。ただそのお陰でイクスキューズ、ディアチャンスが踏ん張れた感じがする。これがハイペースだったらフサイチパンドラだったかな…。どっちにしろ結果オーライで馬連は当てましたが、来年きちんと修正かけられるか心配ではあります。

【型に関する反省】

GⅢ優位なのは相変わらず。ただここ2年人気型ABが好調なので、大人しくなりつつあるし、今年は更に前走好走ステップが3着以内独占したように、リズム優位のレースだった。この流れが来年以降も続くのか、それとも3年前以前のように、人気型CDEの台頭があるのかが鍵。どちらにしろ、1~5人気から2頭、6~10人気から2頭以内の組み合わせで決まっているので、その点を多少意識したいところ。

スポンサーサイト
[ 2007/08/15 16:39 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/239-d721e3fb






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。