スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クイーンS【2007】 結論 

クイーンS GⅢ 札幌芝1800m
自信度★★★

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

先行馬が揃ってハイペース必至の気配。ただハイペースになってもコーナーである程度の位置に居なければ勝てないのがクイーンS。自力で捲れて押し切れるタイプが有利。

◎イクスキューズ

前走GⅢステップ好走組。ローテ的な強調点は特に無いが自力で動けるタイプで、内枠の1800はベスト。札幌の芝も【1-0-1-0】で得意だし、癖のある馬得意な勝春なら。

○ヤマニンベルメイユ

父メジロマックイーンで典型的C系とは言えないものの、デビュー3戦目でのローズS3着や、1000→1600万の連勝などCの要素は持っている。今年に入ってから3着が続いてリズム上げており、上がりのかかるタフな馬場向きそうで、人気も無いはず。またGⅠ挑戦無いのも過去の休み明け好走馬と一致。

▲アドマイヤキッス

マイルGⅠからのステップは相性あまり良くないものの、前に行けば位置取りになるし札幌も得意。大幅に人気上げそうなのがネックで、1人気になるようならそこまで信頼置けず3番手。

△アサヒライジング

逃げ一手の馬だと厳しいが、ある程度前に行く馬も抑えたいところ。コスモプラチナ、フレンチビキニは格下だし、シェルズレイは前走の凡走がイマイチ。前がやりあって早めの3番手くらいから踏ん張るイメージ。

もう1頭は当日の体重等見て決めます。

◎の単、◎からの馬連中心で。
スポンサーサイト
[ 2007/08/11 09:14 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/238-2a5e61d5






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。