スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クイーンS【2007】 ローテ分析 

クイーンS GⅢ 札幌芝1800m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

クイーンS2007ローテ


上は過去5年のクイーンSのローテ別戦績です。これをもとに分析を加えたいと思います。

【前走GⅠステップ】

NHKマイルCの1サンプル以外全て凡走ステップでの出走。最も多いのは前走オークス【1-0-1-4】で圏内2頭の当日人気は7、3と先ず先ずだが、圏外4頭も4、5番人気と中位人気になり易く過信は禁物。圏内2頭に共通するのは札幌での1着歴を保有している点。圏外4頭は札幌の馬場は初だった。また圏内2頭は阪神マイル重賞1着歴も保有。ある程度タフな馬場を好み、札幌の芝経験があるタイプであれば無難に走りそう。残り4サンプルについては割愛。

【前走GⅡステップ】

目黒記念凡走ステップが2サンプルで当日は3、4人気に支持されているが、2頭共5着がやっと。2頭ともここ2戦東京の長めの距離を使われていての短縮ステップで、位置取りが悪くなり届かないケース。バウンド短縮で前にいけるタイプか、勢いがあるタイプ以外は厳しい。

【前走GⅢステップ】

マーメイドS【1-1-2-5】が主流なのでここから。先ず前走好走馬は当日も人気になるが(4頭中3頭が2人気)成績は【0-0-1-3】と今ひとつなので凡走ステップの方が期待値は高い。前走好走して当日も圏内入りした1頭はテイエムオーシャンで均衡気味だったがもともとGⅠ馬で格が上だし、札幌は【3-0-1-0】と得意だった。圏外に終わったタイプはそこまでの格は無かったし、重賞で安定していたタイプも札幌実績無かった馬。好走ステップはよほど実力ある馬で札幌も得意なタイプを押さえる程度で良い。一方凡走ステップは【1-1-1-2】で当日人気は2、7、5と先ず先ず。圏内3サンプルのうち2サンプルは札幌実績あり、かつ前走1人気支持で凡走後の当日人気落ちといういかにもなタイプ。圏外2頭も前走人気支持で凡走という形だが札幌実績無かった。

続いてエプソムC【1-1-0-1】だが、圏内2頭は当日1、3人気なので成績は良いが期待値的にはイマイチで実力通り走るような印象。人気なら抑え。他には愛知杯の好走ステップで当日3人気3着が1サンプル。

まとめるとマーメイドSステップは主流路線で相対的にストレス抱え易いので、好走<凡走狙い。その際くどいが札幌実績は意外と重要。他の路線は割りと人気通りに走るので人気なら抑えるというスタンスで。

【前走OPステップ】

凡走に用は無く唯一の好走ステップの1サンプルが1着とわかりやすい。

【前走準OP、下級以下ステップ】

2頭共凡走ステップなので何とも言えないが、下級以下がほぼ好走ステップで圏内1頭しかいないことから、あまり格上げの鮮度は通用しない印象。圏内1頭は前走1人気1着。前走芝レースで1人気1着は準OP以下で【1-0-0-2】でディアチャンスなどはパッと見手を出したくなるが、エルノヴァくらいまとまってないとダメということだろう。

【休み明け】

圏内4頭の当日人気は1、7、9、10と人気薄だったらここから狙いたい。当日1人気はファインモーションなので無視。休み明けカテは分析し辛く嫌で無視したいが、参考までに書くと、圏内3頭は父がフジキセキ、サンデー、トニービンと典型的なC系で、休み前も勝っているとか、凡走してても人気に支持されているとか、何らかのメリハリがあり、また多分ここが重要なんだと思うが、GⅠに出ていなくて精神的にあまり廃れていない馬が共通項か。逆にダメなのは2桁人気2桁着順繰り返している馬や、桜花賞などGⅠ経験しているタイプ。

以上。
スポンサーサイト
[ 2007/08/06 17:28 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/236-60e83f0c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。