スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

きさらぎ賞【2007】 結果と言い訳的回顧 

きさらぎ賞 GⅢ 京都芝1800m

1着 ◎アサクサキングス
2着 ▲ナムラマース
3着 …サムライタイガース

4着 ○オーシャンエイプス

きさらぎ【2007】結果


上は今年のきさらぎ賞の結果です。これを参考に反省を加え、来年への課題を探りたいと思います。

【ローテ面での反省】

2前1人気1着のGⅢ凡走ステップのワンツー。これで同ステップは3頭中3頭が圏内という精度の高さになりました。GⅢ凡走だからと言って軽視するのは早計でした。ただ今回は「GⅢ好走ステップが居なかった」「500万ステップも走れる馬が居なかった」ので、GⅢ凡走ステップが特別優位というわけではないでしょう。

計算違いだったオーシャンエイプスですが、ハーツクライが短縮+位置取りで3着だったので、オーシャンも前走2000mで差す位置取りかければもっと走れたかという印象です。しかしアサクサが逃げることまで想定して無かったわけですが、ペースは決して速くなく、スローの上がりという設定は実現されたのに、これでゴール前足が止まってしまうところを見ると、過剰な期待をしすぎたと反省します。新馬ステップはよほど前走のパフォーマンスが高くて上位評価したくても我慢して3番手未満の評価にしていきたいと思います。

そして今回は未勝利カテが圏内入りを果たしましたが、これについては次節で。オーシャンとサムライの2頭の選択に関しては、短縮と前走人気で無難にサムライの方を拾えるハズです。

【型面での反省】

今年のテーマは「前走4人気以内」と「500万カテは型悪くても押さえが必要」という2つのどちらを取るか、ということでした。結果的に前者の縛りが勝ったわけで、未勝利カテの型がここ数年で最も良いことも加わり、3着にサムライが絡んだという結果だと思います。これで前走4人気以内の500万ステップ馬が居れば、また結果は違ったはずです。とりあえずここ5年前走4人気以内で決着しているので、来年以降もこの事実は重視して行きたいと思います。

【来年以降の課題】

  • 新馬ステップは相当な軽視
  • 前走4人気以内という縛りがデフォルト

    以上
    スポンサーサイト
    [ 2007/02/15 15:35 ] 結果と言い訳的回顧 | TB(0) | CM(0)

  • コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/224-dd32427b






    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。