スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダイヤモンドS【2007】 結論 

ダイヤモンドS GⅢ 東京芝3400m
自信度☆☆☆

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

○ターキー
○セレスステーラー
▲ドリームパートナー
△エリモエクスパイア
△バイロイト
☆アドマイヤフジ

○1頭目はターキー。下級条件からの格上げでリズム落ちが無い好調馬。準OPから5頭も出走しているのに、その全馬凡走ステップでいまいち信頼出来ないので相対的に繰り上がり。49キロで江田なのも良いし後ろ目からの脚質なのも良い。ただ穴人気しそうな雰囲気+母父カーリアンなので当日の人気や馬体重には注意したい。

もう1頭の○はセレスステーラー。下級条件からの格上げで、ここ5戦掲示板入りしているリズム落ち無い馬。和田が過去に乗って低人気で反発した経歴も良いし、単純にこっちの方が現時点で人気無いので。

▲はドリームパートナー。準OP凡走ステップ。好走パタンには嵌らないが差しに回れば位置取り。

△1頭目はエリモエクスパイア。準OP凡走ステップ。好走パタンには嵌らないが、積極的に動かなければ比較的後ろからの競馬が期待出来る。ここ数戦1人気続いているが、それから解放されるのも良い。

△2頭目はバイロイト。万葉S好走ステップ馬。前走コーナー4番手以内という条件もクリアしているし重賞初挑戦になるのも良い。1人気で圏外2頭出しているステップだが、2人気で推移しそうなので。

☆はアドマイヤフジ。上位カテからいい馬が居ない中、唯一のローテクリア。ただし鮮度的な魅力がない分3連複・単を買う際の3着狙いという感じで。

○2頭から△までの馬連流しで。
スポンサーサイト
[ 2007/02/11 14:43 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/221-11c3c04e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。