スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダイヤモンドS【2007】 ローテ分析 

ダイヤモンドS GⅢ 東京芝3400m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

ダイヤ2007ローテ


・上は過去6年のダイヤモンドSのローテ別成績です。
・昨年のローテ分析内容はこちら

【今年の修正点】

①万葉S組について

昨年ローテクリアだったファストタテヤマが5着と凡走。過去好走して圏内入りした4頭は当日差しに回る位置取りを仕掛けており、ファストタテヤマも勝浦が早めに動かず後方待機していたら昨年もってやれたハズ。一方凡走のマッキーマックスが1着。02年のキングザファクトと共通するのは古馬混合重賞初という鮮度持ちという点。

②準OP好走ステップの取捨選択

いまいち難しいのが準OP好走ステップで「中山>東京」はいいとしてもうちょい精査。と思って見ていたら、先ず圏内3頭前走は迎春Sをコーナー「6番手以下から差して圏内」入りしているってことに今気づいた。迎春S経由で負けた4頭は全て5番手以内(4頭中3頭は3番手以内)の先行寄りの脚質。そして本番でもうち1桁人気の3頭は先行競馬して潰れている。ってことは、一見先行してスタミナあるように見せていても当日それを過信して積極的に動いて潰れるってのがオチらしい。圏内3頭は当日更に後ろに行くか、先行しての位置取り。何らかの位置取りショックで体力補完する必要があるってことだ。

③古馬混合重賞初の鮮度馬には要注意

昨年やられたのがこれ。3400mになってからの連対6頭の古馬混合重賞回数は、2、0、0、1、1、0で、3着3頭は3、9、8なので連対まで走るには鮮度が超重要ってことなので、その辺を考えて予想を組み立てたい。

以上
スポンサーサイト
[ 2007/02/06 01:54 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/217-b8f64698






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。