スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

きさらぎ賞【2007】 ローテ分析 

きさらぎ賞 GⅢ 京都芝1800m

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

きさらぎ2007ローテ


上はここ6年のきさらぎ賞のローテ別戦績です。これをもとに分析を加えたいと思います。

□前走GⅠステップ□

朝日杯の2サンプルのみなので何とも言えず。それなりに人気通りに走るので人気馬なら取りあえず押さえておいた方が無難。

□前走GⅢステップ□

最も多いのがシンザン記念【0-1-2-8】で、好走に限ると【0-1-2-4】で凡走4頭の中には4、5人気辺りも居るので、凡走巻き返しよりは好走馬に手を出したいところ。圏内3頭の当日人気は1、2、7で、共通するのは「前走6番手以降から差して連対」と「過去1800m経験あり」ということ。圏外4頭中全馬が前走コーナー3番手以内なので「先行馬の距離延長」という基本概念がなかかな通用しない。ただし前走1人気or2人気で結果出した馬に限れば、距離に対応出来そうなら脚質は関係無いかもしれない。好走したけど人気薄という馬が再度対応出来るかどうかの一つの目安程度に考えたい。人気薄再好走するには毎度先行している単調な馬ではなく、位置取り期待出来る馬なら尚ベター。

残りは京成杯【0-0-1-3】と、NIKKEI杯2歳【0-0-1-4】。先ず京成杯だが圏内1頭は2前が1800mのバウンド短縮。前走は7人気4着だったので徐々にリズム上げて来ている馬がベター。好走はシックスセンスが前走4人気2着で負けている。多頭数根幹距離に強いタイプは取りこぼしに注意したい。またNIKKEI賞は好走2頭居るが前走人気薄激走で危険。巻き返したのはマイネルスケルツィで、前走4人気で敗退も2前が1人気1着と崩れたのが前走のみ。リズム崩しきっている馬は要らないがこのくらいなら巻き返しは可能。

□前走OPステップ□

圏内5頭は全馬前走好走で、前走好走に限ると【2-3-0-3】と優秀。先ず圏内5頭中4頭は、前走1800m以上の競馬で1人気or2人気で連対し当日も1人気or2人気というエリートタイプ。圏外3頭は前走4人気以下だった。前走4人気以下で好走し、当日も好走した唯一の馬はマキハタサーメットで未勝利から始まっての3連勝だった。ここまで勢いあるのは同馬だけで連勝中の馬には注意が必要。

□前走500万条件ステップ□

先ず凡走【0-0-0-6】なので必要なし。圏内5頭の当日人気は6、3、3、2、1と期待値はあまり高くない。好走ステップで当日3人気以内に支持された馬で縛ると【3-0-1-1】と圏内率80%を越える。これら5頭は全て前走1人気で連対しているが、唯一圏外だったのが昨年のファイングレインで、約3ヶ月ぶりのレースだったこと、1800m以上の経験が無かった点が、圏内4頭とは異なる。年明けに使われ、長めも経験し、人気に応えて来た馬は有利。一方人気薄で1着したのが02年のメジロマイヤー。デビューから連対をハズして居なく、芝に変わって2連勝中と勢いがあった。前走3人気以内に支持されての好走かつ、芝で対応出来ている馬は人気薄でも注意が必要だろう。

□新馬・未勝利□

ハーツクライの1頭のみ。2000m新馬戦を1人気1着で、アップに強いサンデー。かつ当日後ろから差す位置取りショック。それでも3着なのであまり良くは無い。

□休み明け□

ダンツフレーム1頭。3戦連続1人気1着で当日も3人気に支持。このくらいでやっと。

以上
スポンサーサイト
[ 2007/02/05 13:18 ] ローテ分析  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/216-e59ec699






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。