スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小倉大賞典【2007】 結論 

小倉大賞典 GⅢ 小倉芝1800m
自信度☆☆☆

STEP1 ローテーション分析

STEP2 型分析

STEP3 結論

STEP4 結果と言い訳みたいな回顧

せっかくはりきってローテ分析したのに、今年は例の穴あけOPステップ馬が居ないのでゲンナリです。おまけにGⅢが多すぎ。

◎マヤノライジン
○スズノマーチ
▲マルカシェンク
△フォルテベリーニ
△未定

◎はマヤノライジン。前走は重馬場であまりに体力必要とする馬場で、もともと1800ベストな同馬にとっては閾値を越えたレースだった。ずっと短縮人気落ちでと言ってきたので、ここで印打たずにいつ打つのかという感じ。出来れば4人気以下希望。

○はスズノマーチ。相性良い1800→1600のOP馬がゼロなので相対的に繰り上がり。もともと前走1800からのサンプルは少なく、ここ数戦掲示板キープしているように状態は悪くないし前目で競馬出来るのも強み。

▲はマルカシェンク。何かずっと印打ってる気がするが、前に行けば位置取り。今年から鳴尾記念が1800mになったのが気になるものの、手中におさめている福永なら。

△1頭目はフォルテベリーニ。ここ2戦掲示板キープしている2000m安定馬。後ろからの競馬が気になるが、1800mはもともと先行で強かった同馬なので、中舘が積極的に乗れれば。

もう1頭の△は未定だが、人気急落のワンモアか、昨年よりリズムは良いエイシンを迷い中です。体重見て決めたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2007/02/03 09:12 ] 結論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipon0301.blog40.fc2.com/tb.php/213-66ffe21f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。